読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

【開催案内】第十四回 別府鉄輪朝読書ノ会

f:id:kannawadokusho:20170426170544j:plain

 

5月の別府鉄輪朝読書ノ会はメキシコの作家フアン・ルルフォの『ペドロ・パラモ』(岩波文庫)をとりあげます。5月28日(日)午前10時よりここちカフェむすびさんにて開催します。

 


内容(「BOOK」データベースより)
ペドロ・パラモという名の、顔も知らぬ父親を探して「おれ」はコマラに辿りつく。しかしそこは、ひそかなささめきに包まれた死者ばかりの町だった…。生者と死者が混交し、現在と過去が交錯する前衛的な手法によって、紛れもないメキシコの現実を描出し、ラテンアメリカ文学ブームの先駆けとなった古典的名作。 

 

 

ご参加されたい方は、ホームページよりお申込みください。

ホーム - 大分・別府鉄輪朝読書ノ会

 

 

【開催報告】第十三回 別府鉄輪朝読書ノ会『草枕』夏目漱石

第十三回目の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。代表のシミズです。今日は開催して1周年の記念にあたり、みなさんで祝っていただきました。ありがとうございました。今回も一年前と同じく夏目漱石の作品『草枕』をとりあげ、みなさんと対話していきました。

f:id:kannawadokusho:20170423172641j:plain

はじめに自己紹介をしつつ全体的な感想を聴いたところ「漢文や古い漢字が出てきて難しかった」「読むのに苦労した」というのが多くあった一方で、「お洒落」「現代風」「コミカル」「ギャグ」といった感想もありました。また禅や仏教などの思想、哲学としてこの作品を読まれた方もいました。

f:id:kannawadokusho:20170423172505j:plain

f:id:kannawadokusho:20170423172612j:plain

f:id:kannawadokusho:20170423172428j:plain

読むのが難しい作品であっても、みなさん一人一人の解釈や読みを突き合わせることによって、自分の読書体験が更新されて、幾様にも向き合えることを実感できた回でした。時代を超えて近代文学に触れるよろこびがここにあるように思えました。

f:id:kannawadokusho:20170423172225j:plain

ミント水にできたてのクッキーをいただきました。

f:id:kannawadokusho:20170423173921j:plain

むすびのさんからの今日の提供は、「草」をテーマにバジルやセリ、ウド、チモトを食材に使い、お祝いに鯛のつみれのスープでした。たいへん美味しかったです。ありがとうございました。

f:id:kannawadokusho:20170423172744j:plain

f:id:kannawadokusho:20170423172814j:plain

f:id:kannawadokusho:20170423172540j:plain

最後にみなさんで記念撮影。ご参加ありがとうございました。また1年継続できるよう、ぼちぼちやっていきます。5月はメキシコの作家、フアン・ルルフォの『ペドロ・パラモ』をとりあげます。

 

 

 

 

 

〈ゆふいん文学の森〉がオープンしました!

太宰治が東京の荻窪で下宿していたという〈碧雲荘〉。これが取り壊される危機にあったところ、湯布院で旅館業を営む橋本さんが引き取りを打診し、約2億円をかけて湯布院に移築したという偉業。それが〈ゆふいん文学の森〉としてこのたびオープンしました。文学の拠点にしたいと柚野館長。湯布院を大地震が襲って1年後に新しい希望が生まれました。

 

先日そのオープン記念式典に招待していただき内覧会に参加してきました。

f:id:kannawadokusho:20170418090026j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418090106j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418090128j:plain

東京でも数件しか残っていない昭和初期の下宿の建築様式。

f:id:kannawadokusho:20170418094339j:plain

f:id:kannawadokusho:20170417094713j:plain

各部屋は複数の読書スペースとして活用されている。

f:id:kannawadokusho:20170418090236j:plain

富嶽百景』にも登場した窓。

f:id:kannawadokusho:20170417094428j:plain

Mさんの岩?

f:id:kannawadokusho:20170418090327j:plain

テレビ局から感想を聞かれる。

f:id:kannawadokusho:20170417094736j:plain

窓から見える豊後富士こと由布岳がすばらしい。

f:id:kannawadokusho:20170418090339j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418094439j:plain

かぼすスカッシュが美味しかったです。

f:id:kannawadokusho:20170417094755j:plain

関連グッズもたくさん。

f:id:kannawadokusho:20170417095556j:plain

太宰が座った同じ窓辺で富嶽百景を読んでみる。

 

ここでの読書会の話もあり、今後の展開が楽しみです。

文学好きな方、ぜひ行ってみてください。

働き盛りが読書しない日本

 

なにをもって読書と呼ぶのかわかりませんが、ビジネス書も小説も同じ読書体験とは思えませんが、とにかく日本の30代から40代の読書率が下がっているようで、原因としては長時間労働による疲弊とのことです。私も労働で疲弊している方だと思いますが、通勤中の車で信号で停まったときや仕事の待ち時間など、時間を惜しんで本を読んでいます。

 

<日本の30代~40代の読書率が、21世紀に入ってからの10年間で大きく下がっている。全国地域別の調査でも読書実施率の低下は顕著で、まるで日本では「知の剥奪」が進んでいるようだ>

 

働き盛りが読書しない日本に、やがて訪れる「思考停止」社会 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

無題

 

 

われわれ人間が人間である、ということの意味は、生きているかぎり哲学や文学、歴史がつきまとう、ということである。これは人間の条件であって、たんに道徳を意識的に遠ざけても、そこに道徳は存在する。生きているだけでも、虚構にせよ真実にせよ、ひとはそこに言葉を、つまり歴史と文学とを残す。 歴史家 田中希生

 

 

【開催案内】第十三回 別府鉄輪朝読書ノ会

f:id:kannawadokusho:20170329172957j:plain

こんにちは、代表のシミズです。今日から新しい年度の始まりですね。

 

4月の別府鉄輪朝読書ノ会は夏目漱石の『草枕』をとりあげます。おかげさまでこの読書会は4月で1周年を迎えます。昨年は夏目漱石の『こころ』をとりあげましたが、今回は九州の温泉宿、季節は春を舞台にしたこの作品をみなさんと読んでいきたいと思います。参加希望の方はホームページよりお申込みください。

 

参加のお申込み - 大分・別府鉄輪朝読書ノ会

 

内容紹介

智に働けば角が立つ――思索にかられつつ山路を登りつめた青年画家の前に現われる謎の美女。絢爛たる文章で綴る漱石初期の名作。

内容(「BOOK」データベースより)

智に働けば角がたつ、情に棹させば流される―春の山路を登りつめた青年画家は、やがてとある温泉場で才気あふれる女、那美と出会う。俗塵を離れた山奥の桃源郷を舞台に、絢爛豊富な語彙と多彩な文章を駆使して絵画的感覚美の世界を描き、自然主義や西欧文学の現実主義への批判を込めて、その対極に位置する東洋趣味を高唱。『吾輩は猫である』『坊っちゃん』とならぶ初期の代表作。

 

 

 

【開催報告】第十二回 別府鉄輪朝読書ノ会

代表のシミズです。第十二回の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。今回の課題本は川上弘美さんの『真鶴』でした。

 

はじめに参加者の自己紹介を交えつつ作品の全体的な感想を聞いていきました。「気がついたら読み終わっていた」「共感できなかった」「以前から人に薦められていたので読んだ」「ホラーテイスト」「真ん中がおもしろかった」「真鶴(まなづる)という言葉の響き、漢字の形に導かれて書いたのかも」「ついていけなかった」「爽やかに終わっていいの?」「文字の使い方、造語にハッとするものがあった」「官能的な息づかいを感じた」「分身譚?」「まなづるをまづると読み違えていた」「礼(ゼロ)に百や京が近づいたり離れたりする物語とも読める」等々。

 

f:id:kannawadokusho:20170326214535j:plain

f:id:kannawadokusho:20170326214400j:plain

つぎに細部を読み込んでいくと、みなさんそれぞれの深い読みに驚かされます。肉食系の女として主人公をとらえる方、ジャポニズムとして川上文学を読まれる方、漢字とひらがなの配置の妙に注目される方、一人の読みでは見えなかった作品の風景が鮮やかに切り取られるようでした。

f:id:kannawadokusho:20170326214626j:plain

f:id:kannawadokusho:20170326214751j:plain

今回もむすびのさんからは作品をイメージした軽食を提供していただきました。ありがとうございました。

f:id:kannawadokusho:20170326214849j:plain

f:id:kannawadokusho:20170326215032j:plain

f:id:kannawadokusho:20170326215218j:plain

最後は本を手に記念撮影。真鶴の文字が映えるブックデザインですね。

みなさま、ご参加ありがとうございました。

来月は夏目漱石の『草枕』をとりあげます。