対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

400人の対話をいかにファシリテートするか?

 

f:id:kannawadokusho:20190822161720j:plain

 
大阪の道頓堀でヘイトデモが行われている最中、チマチョゴリを着た女性が
フリーハグをされている動画を見て涙が出た。その理屈を超えた強さにあこがれる。
フリーハグは言語的な活動ではないけど、そこには対話に似た一瞬の行き交いがある。
年齢や性別、立場や考え方が違っても、まずリスペクトがあり、憎しむことなく
人生が交差し、許しに似た感情が生まれる。個別の生が抱える具体的な対象は
そこで明示されることはない。
 
哲学カフェにおいての〈自分語り〉には限界があって、
なんというか自己紹介の域を出ず、そのときのテーマや参加者と響き合わない。
むろん思索するうえで具体的なエピソードは重要だが、自分語りはそれとは違って、
お話に終始し、普遍性にまで届きづらい。
明示しないが、なにか耐えているものがあったり、語り得ないものがあって、
それがとりあげたテーマと響き合う。参加者のなかに他者が浮かび上がる。
 
でもその〈自分語り〉によって、その人の生が再構成されているのも感じる。
その人にとって大事な時間が流れていると思えるので、長くなってもファシリテーター
として止めたりはしづらいものがある。20人もの人が知らないその人の人生を聴く。
 
***
 
最近知ったのですが、〈哲学プラクティス連絡会〉という日本国内における
哲学カフ​​ェ、哲学対話関係者が集まって、活動報告や情報交換をしたり、
ワークショップを開いたりする場があるようで、今週末の8/24と8/25に
立正大学にて第5回目が開催されるようです。
 
今回カフェフィロのyさんからご紹介いただき、当日ワークショップを主催される
nさんよりアンケートによる参加要請を受けました。
「哲学カフェについて考えるときにわたしたちが考えること」というWSです。
 

今回は東京での開催なので行けませんが、アンケートという形で、

参加させてもらうことにしました。

 

アンケートの問いは以下のようなものでした。

 

 

 

・自己紹介(哲学カフェ紹介)

・自分の哲学カフェの自慢をおしえてください。

・自分の哲学カフェに固有だと思うこまりごとをおしえてください。

・哲学カフェをひらくきっかけ、モデルがあればおしえてください。

 

 


当日は興味深いワークショップがたくさんあり、

(400人の対話をいかにファシリテートするか?や中高年の哲学対話の可能性など)

駆けつけたい所ですが、行けそうにありません。

http://philosophicalpractice.jp/wp-content/uploads/2019/08/2019JAPP_timetable_0814.pdf

 

 

次回は大阪であるようなので、参加できるといいなと思っています。

いい会になるといいですね。

 

 

機関紙もあるようなので、興味のある方はぜひお読みください。

philosophicalpractice.jp

 

 

【ご案内】「先生のためのてつがくカフェ 9.21」

f:id:kannawadokusho:20190802090903j:plain


 

哲学カフェのファシリテーターを担当していますシミズです。第2回目の「先生のためのてつがくカフェ」のご案内をします。今回はずばり「校則」についてみなさんと考えてみたいと思います。先生のためのと銘打ってますが、先生だけに限らず、このテーマに関心のある方も参加できますので、お気軽にお申込みください。

☆第2回 先生のためのてつがくカフェ☆

テーマ:「校則はなぜあるの?」

 

今年大阪では、生まれつき髪が茶色い生徒が、高校で髪を黒く染めるよう指導され訴訟を起こしたというニュースが話題になりました。一方で東京では校則を全廃した中学校などもあり、これまで当たり前のように存在していた校則が、その存在意義を問い直される時代となっています。学校において「なぜそれがだめなのか」、「なぜそうしなければいけないのか」、そしてそもそも「校則はなぜあるのか」などについて考えてみたいと思います。(R)

 

○日 時:9月21日(土)16:30-18:30
○場 所:大分市中心部
ファシリテーター:シミズ(対話と人と読書)https://dialogue-oita.jimdofree.com/
○対 象:先生の方以外にも学生さんや一般の方も参加大歓迎です。
○参加費:1,000円(会場費、運営費含む)※学生500円・当日受付でお支払いください。
○定 員:約20名(要事前申し込み)
○備 考:お申し込みは、9月20日までにこのメールへ返信ください。興味がある方がいらっしゃれば、お知り合いの方にもぜひお声がけのほど、よろしくお願いいたします。

 

お申込み・お問い合わせはこちらから

哲学カフェ大分 - 対話と人と読書(哲学カフェ大分)

 

 

夏休み、最終。

 

f:id:kannawadokusho:20190816205707j:plain

 

夜半は雨が激しく、なんども目が覚めた。

朝がた台風がもっとも接近していたときは、風も雨もなくしずかだったけど。

今日は一日引き籠もろうと考えていたので、食糧も買い込んでいたが、

あっさり外に出られた。窓から見た町は妙に色調を欠いていた。

夏休みも終わり。

 

 

 

おれたちのいた町に、かたちとしてそんな裏町はなかったけど、精神的にはあったんだ。『カラマーゾフの兄弟ドストエフスキー

 

 

 

コンビニにあったBRUTUSの特集が酒場だった。

いつかAさんがやっているみたいに、哲学カフェならぬ哲学バーをやってみたい。

お酒は強くないけど、美味しい肴を食べながら哲学対話、もっとカジュアルな語りが

できると思う。

Kさんは哲学カフェが終わるといつも一人でバーに消えていくので、

今度いいバーがないか聞いてみよう。実際の店舗でなくても精神的なバーでもいいや。

 

 

 

夏休み、その4日目「アタシ、なんや逆らいたいんや」芹明香

激しい雨。

雨は写真には写りづらい。 

台風前夜、友人と会う。

喫茶ムムムは閉まっていた。

 

f:id:kannawadokusho:20190815183538j:plain

f:id:kannawadokusho:20190815202227j:plain

 

台風接近による気圧の変化への不快、だるさ、オカユとごろごろしてやり過ごす。

 

 

たとえば季節の推移とかそれに応じて表情を異にする外界の事象であるとか、とにかく存在が無意識にその変化を符牒として読みとり、そのつど乱された調和を回復してゆくことになる刺激の総体は、われわれの生の条件と死の条件とを同時に開示するものとして、あたりを埋めつくしている。それをいま環境とも、風土とも、世界とも、ことによったら歴史と呼んでしまってもいいと思うが、そうしたものの秩序が急激に崩れるときに精神と肉体が蒙る不快感は、生の条件を構成するものの無数の系列を一瞬顕在化させながら、ウイとノンの選択を許さない苛酷な限界点のありかを、不可視の領域にほのめかすことになる。

『批評あるいは仮死の祭典』蓮實重彦

 

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20190815183627j:plain

 

 

それはそうとして、きちんと哲学を勉強すれば、哲学は革命にしか奉仕しない。日本においては《文学》ということになる。きちんと文学すれば、革命にしか奉仕しない(国家を作ったりしない)。またソクラテスが哲学はギリシア語でなされねばならないと言ったように、文学は日本語でなされねばならない。
歴史学者 田中希生 twitter

 

 

田中登監督「㊙色情めす市場」をDVDで見る。

大阪の人にとって通天閣とは、どのようなものなのだろか。

どのように内面化しているのだろうか、その「視線」を。

カラマーゾフの兄弟』にはほとんど風景描写がない。

むろん通天閣のようなものもない。徹底的して平滑。

〇〇タワーじゃなくて、通天閣と名称したのがすばらしい・

 

 

友人の話を聴く。

長いこと聞いているうちに主客が分からなくなるときがあった。

彼は自分のことを語っていたのか、私のことを語っていたのか、

私が聴いていたのか、彼が聴いていたのか、

イタトマのかたすみのテーブルにて、対話の原理に触った。

 

 

 

 

 

 

【ご案内】別府鉄輪朝読書ノ会 8.25

f:id:kannawadokusho:20190802085255j:plain

 

 

 

しかし遂に特攻と決まった事態に、私は興奮しないわけには行かなかった。夕食のあと暗くなった学生舎の岡の、構域の外がわにある崖の上から、向かいの岬の起伏にはさまれてにぶく光る細長い入江の海や、その手前の森のあいだに散見する漁村の家々のたたずまいを見おろしながら、胸は淡い痛みにしめつけられるようであった。炊煙がたなびき、子供と母親の呼応する声や犬の鳴き声などが聞こえてくると、日常が私の心中にむせかえるようにたちのぼり、もう戻ることはできないという断絶の思いにせつなさがこみあげてきた。めっきりその数を増した蛙たちの鳴き音にいくらかはなぐさめられながら、その冥想的な響きが、自分がえらんだふしぎな立場を神秘的に包みこんでくれるのだと感じたかった。

魚雷艇学生』島尾敏雄

 

 

主催者の志水です。台風はなんとか無事に過ぎ去ったようです。

八月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内をします。

 


◎8/25(日)午前10時00分~
隣町の日出にも人間魚雷回天の訓練基地がありました。八月はその人間魚雷を題材とした『魚雷艇学生』島尾敏雄新潮文庫) を読んでいきます。

 

(内容紹介)
海軍予備学生として魚雷艇の訓練を受けながらも、実戦経験がないまま、第十八震洋特攻隊の指揮官として百八十余名の部下を率いる重責。特攻隊隊長として従軍した著者が、死を前提とする極限状態における葛藤を描く戦争文学の傑作。第38回(1985年) 野間文芸賞受賞作品

 

開場:別府鉄輪ここちカフェむすびの2F
費用:1200円(会場代、軽食・飲み物代込み)
参加条件:事前に『魚雷艇学生』を読み、その本を持参してください
定員:12名

 

お申込みは以下ホームページよりお願いします。

kannawanoasa.jimdo.com

 

 

夏休み、その3日目

f:id:kannawadokusho:20190814200758j:plain

 

哲学カフェ常連の韓国出身のSさんのお宅に呼ばれて、Tさんと訪問。

打合せと称しつつ、海鮮チヂミなどご馳走になる。

美味しい。。

 

今後の「先生のためのてつがくカフェ」についていろいろ話し合う。

先生というのは「成果」を求めがちで、哲学カフェのモヤモヤに対して、

否定的な意見が多い。なにを求めて哲学カフェに参加するのか、、

哲学カフェに参加することで得られるものをはっきり伝えられるのか、、

それがないと参加しづらいみたいな…

哲学カフェは研修というものとは違うし、学び場と言えば学びの場だけど、

誰かが何かを一方的に教授する場ではない…

ある体験、対話という「出来事」を体験するといったら良いのか。

ジェットコースターに乗るのに、そこに「成果」は求めないだろう。

あのスリルという体験が欲しくて、乗る。

成長できるかどうかは本人次第で、会として約束できるものではない。。

というよなことを、いろいろと先生であるお二人と夜遅くまで話し込んで、

いくつかの具体的な方法を盛り込むことにした。

 

なにを失うと、哲学カフェは哲学カフェでなくなるのか、、

今後も試みは続く。

 

f:id:kannawadokusho:20190814201102j:plain

 

別府鉄輪温泉の夏休み、二日目

f:id:kannawadokusho:20190813093030j:plain

 

朝から日差しが強かった。

 

起きて本を読む。

カラマーゾフの兄弟ドストエフスキー光文社古典新訳文庫)と

通天閣 新・日本資本主義発達史』酒井隆史青土社)をいったりきたり。

 

 

小野十三郎は)断崖と賭博のイメージを好み、革命から進歩のニュアンスを剥ぎとろうとした詩人である。『通天閣酒井隆史

 

 

 

母方の親族のお墓参り。近くの西福寺の納骨堂へ。

コインロッカーのようなボックスから骨壺を出してお参りする。

簡潔だ。私も墓石よりこっちがいい。それか森へ撒いて欲しい。

 

 

f:id:kannawadokusho:20190813094404j:plainf:id:kannawadokusho:20190813094453j:plainf:id:kannawadokusho:20190813094319j:plain

 

西福寺はブラタモリでも紹介された、鉄輪断層崖の上に建てられたお寺である。

温泉が成立する3大要素。

1.水  2.熱源  3.温泉が湧くすきま

この断層崖がそのすきまにあたる。

 

 

両親と寿司を食べる。寿司よりあら汁がうまい。

猫をこっそり飼っているのがバレそうになる。

 

 

友人に暑中見舞いの葉書を返す。たしか熊野古道に行ってきたと言ったから、

その絵柄のものにする。しまった、残暑見舞いか。

 

 

哲学カフェ大分のフライヤーをデザインするもうまくいかなくてほたる。

乃木坂のポスターみたいな美しい文字組のレイアウトにしたいけど。

 

f:id:kannawadokusho:20190813101426p:plain

 

 

YouTubeを見ながら、ぼーとする。

戦争、戦争、斃れる者。

すこし猫と昼寝。

すこし走る。走りすぎてはいけない。

 

 

夜は大島渚監督の「太陽の墓場」をDVDで見る。

1950年代末から1960年代頭の釜ヶ崎、今宮、動物公園前あたり、

そして建ったばかりの2代目通天閣、新世界が考古学的資料のように

惜しみなく写し出されていて感動。

汗、汗、血。

津川雅彦の肉体がうつくしい。みんな汚いけどうつくしい。

大島渚の弱者へのまなざし。それにしても大島渚は集団を撮るのがうまい。