読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

無題

 

 

人が作品を選ぶのではなくて、作品が人を選ぶ。

 

わたしは、偶然にも、私が何かしらの接点を持つことが出来たと思われる「良い小説」について、出来うる限り良い読者であろうとし、良い反響板であろうとしました。そしてそのような努力をすることそれ自体が、わたしにとっての大きなよろこびでもあります。良い小説とは、良い読者であれという声ー命令に従おうとする努力がそのままよろこびであるような小説であるとも言えるでしょう。

 

『人はある日とつぜん小説家になる』古谷利裕(青土社

 

 

無題

 

 

小説では表現されるすべてが「思考」なのだ。

小説家 保坂和志

 

 

【開催案内】第十一回別府鉄輪朝読書ノ会

 

こんにちは。主催者のシミズです。二月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内をします。課題図書田中小実昌の『アメン父』をとりあげたいと思います。一月は遠藤周作の『沈黙』をとりあげたところですが、キリスト教あるいは宗教について、もう一歩踏み込んで考えてみたく、この小説を選びました。舞台は戦前の広島・呉の傾斜地に十字架をもたないインディーズの教会を設立した父の話です。現在ヒット中の映画「この世界の片隅に」の原作でこうの史代氏が巻末に参考資料としてこの本をあげていたのには驚きました。ご興味ある方はホームページよりお申し込みください。

ホーム - 大分・別府鉄輪朝読書ノ会

 

f:id:kannawadokusho:20170122211507j:plain

 

 “父は肩肘はらないで大マジメだった”明治末にアメリカで久布白直勝牧師により受洗、昭和三年広島・呉市に十字架のない独立教会を創設、七十余で没した父。呉の三津田の山に父が建てた上段・中段と呼ぶ集会所(教会)、住居での懐かしい思い出や父の日記・著作等から“アメン”に貫かれている父の生涯の軌跡を真摯に辿る。息子から父への鎮魂歌。長篇小説。(「BOOK」データベースより)

 

 

【開催報告】第十回 別府鉄輪朝読書ノ会

シベリア寒気団の南下によりここ鉄輪でも降雪となる中でしたが第十回目の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。今回の課題本は遠藤周作の『沈黙』。第十回目にふさわしい(偶然にも漢数字の「十」がクルスを象って…)作品となりました。

 

はじめにみなさんに全体的な感想を聞いてみました。「一気に読んだ」「以前に読んだときと感想が変わった。自分も変わったことを実感した」「世界文学にたる普遍性がある」「作者自身の葛藤を登場人物を通して表現している」「遠藤周作は変なおじさんのイメージしかなかったが、こんなに凄い小説を書いているなんて」「日本の風土に一神教はなじまないのか」「映画『地獄の黙示録』を思い起こさせる潜入譚」「後半動きがなくなりダレた」「当時の冷戦を背景としているスパイもののようだ」「スニーキング・ミッション」などなど。幼稚園やミッション系の大学や留学、また親御さんとの関係を通してキリスト教との個人史が語られる場面が多々ありました。

 

今回は小説の細部を読み解いていって味わうというよりも、キリスト教の文化や歴史、なぜ殉教するのか、日本での受容のされかた、その変容など作品の外側の知識が語られることが多く、すばらしい描写の多い遠藤周作の文章をもっと純粋に味わいたかった気もしましたが、避けては通れない予備知識でもあったと思うので、そのあたり2時間では厳しかったかもしれません。参加された方が、この作品の裾野の広さにそれぞれ得るものがあればと思いました。

 

私個人としては、最後にロドリゴが踏み絵を踏んで、転ぶことで、逆に世界のなかで個として単独に(カトリックという官僚的に管理された公的な神ではない)神とつながった(見出した)ことが全てだと思うのですが、この屈折した感じはどれくらい理解されて読まれているのかわかりません。来週公開のスコセッシ監督の映画「沈黙」でどこまでこのあたりが描写されるのか、期待したいと思います。

 

 

f:id:kannawadokusho:20170115213700j:plain

f:id:kannawadokusho:20170115213630j:plain

ポルトガルつながりということで、ポルトガルではメジャーだというライス・プリンと遠藤周作の出演していたCM「違いが分かる男、ゴールドブレンド」のブラック・コーヒーが提供されました。人生初のライス・プリン。かなり甘かったのですが、苦めのコーヒーで中和されて美味しくいただきました。

f:id:kannawadokusho:20170116172942j:plain

そして長崎といえば、ちゃんぽん!!イカシュウマイ入り!玄米おむすびは揚げ玉(狐狸庵先生より)入りでサクサクして美味しかったです。

f:id:kannawadokusho:20170115213745j:plain

むすびのの田中さんに今日の軽食のコンセプトについてご説明いただきました。ちゃんぽんの麵が品切れで探すのが大変だったそうです。どれも美味しくいただきました。ありがとうございました。

f:id:kannawadokusho:20170115213808j:plain

最後に集合写真をパチリ。みなさま、どうもありがとうございました。次回はキリスト教つながりで田中小実昌の『アメン父』をとりあげます。(記:志水)

無題

 

 

「小説というものは、読者を癒すよりは危機へ誘い出してほしいと思う。」

池澤夏樹(小説家、詩人、アンゲロプロス映画の字幕者)

 

 

無題

 

かるく、かるく…というのは、たえず父が口にしていたことだが、かるい牧師というのも、とくにそのころでははやらなかったのではないか。(中略)なにもなくてかるいこと、からっぽを父はのぞんだのだろう。そして、人をからっぽにしてくれるのは、宗教しかない。その宗教も、へたをすると、人をからっぽどころか、おもおもしくする。

アメン父田中小実昌

無題

 

  「存在しない神に祈る」田川建三

 

田川建三(1935年生まれ)聖書学者、著述家

1965年から1970年に国際基督教大学で助手および講師として勤め、1970年4月に「造反教官」として追放される。チャペルで礼拝のとき講壇から「神は存在しない」「存在しない神に祈る」と説教した。