対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

哲学ツーリズム@釜ヶ崎 参加者の感想

今回「哲学ツーリズム@釜ヶ崎」の参加者のみなさんから 感想をいただきました。その一部をあげたいと思います。 Aさん ツーリズム 道中でもお話に出ましたが百聞は一見に如かずとは正にこのことかと思いました。 この有名な諺は百見は一考に如かず、百考は…

【ご案内】「それぞれのシネマ 11.30(映画で考えるシネマ哲学カフェ)」

新企画の「それぞれのシネマ 11.30(映画で考える哲学カフェ)」の案内をします。 以前BunDokuの方でシネマカフェを開催していましたが、よりテーマ性の強い、 哲学カフェよりの〈映画で考える哲学カフェ〉を企画しました。 事前に1本の映画を見ていただき、…

万博公園、太陽の塔

旅の最後に万博公園に立ち寄り、太陽の塔を見た。 釜ヶ崎のおっちゃんたちも、この公園の建設に携わっている。 量感に圧倒された。 その顔は拒絶であり、憤怒であり、燃え立つ生命の爆発だった。 フェリーに乗ってかえった 帰る家があること きれいな朝だっ…

朝のココルーム、北浜の近代建築、天神橋筋六丁目の力餅食堂

まちを出ること もしあなたが単なる旅行者として、 あるいは何かの研修やボランティアでやってきたのなら まちを出ることは簡単です。 近くの複数の最寄り駅があり、 高速バスや飛行機で遠方に帰るのも難しくありません。 でも、もしあなたがこのまちに流れ…

古い未来の新世界はやさしく

哲学ツーリズム終了後、 その日の夜はみんなで新世界に繰り出して、 食い倒れ飲み倒れ。 現実との整合性がうまくはかれず、 酒を飲みたかった。 ふだん外で飲むのがあまり好きではないのだが、 新世界で飲んだのは楽しかった。 ああ楽しいってこういうことな…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その8「こどもの里」

暗黙のルール 長らくこのまちではお互いのことをあまり 詮索しないという暗黙のルールがありました。 このまちで働くにはそれなりの理由のある人も多く、 一般社会から身を隠したい人も多かったのです。 これを「不関与規範」と呼ぶ研究者たちもいます。 コ…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その7「あいりん労働福祉センター」

すっぱだかのまち ぎょうさんのひとが わい わい むん む ん いいもって みちのはしっこから みち のはしっこまで こえだらけになってもうた ある みせやを はしのほうからじゅんばん に みていったら ひとふくろ 五〇えんに いれてうってる おかしやがあっ…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その6「釜ヶ崎支援機構とシェルター」

人間は人間が好きではない。人間は社会をつくりたくない。にもかかわらず人間は現実に社会をつくる。言い換えれば、公共性などだれももちたくないのだが、にもかかわらず公共性をもつ。ぼくには、この逆説は、すべての人文学の根底にあるべき、決定的に重要…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その5「昼食〜ひと花センター」

季節と時刻 このまちは、どの季節、どんな時刻に訪れるかで、見え方も感じ方も異なります。 8月中旬:盆休みで仕事がなく、 帰る場所のない人、 帰ることのできない人のために 盛大な夏祭りが行われます。 そこではこのまちで亡くなった人びとの慰霊祭も重要…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その4「のぞみ作業所」

地名 この地図が表している地域には三つの名前がついています。 西成、あいりん、釜ヶ崎。 最初の「西成」は行政区の名前です。この名前が全国で一番よく知られています。 二つ目の「あいりん」はこの地域に対して使われる公的な名称です。 0.62平方キロメー…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その3「山王こどもセンター」

まちをじぶんの足で歩く。 考えて、想像して、創造的に。 大阪西成区・通称釜ヶ崎。 関西に暮らす人は「釜ヶ崎には行かないように」ということばを 耳にしたことは一度や二度あるでしょう。 暴動や寄場のイメージが強くあるのでしょうか。 そんな情報とは裏…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その2「ココルームをめざす」

今これを旅から帰って書いているのですが、 釜ヶ崎で得た体験と大分に戻った現実とのつながり、整合性がうまくつかめず、 でも安易に決着をつけてしまうのではなく、じっくり振り返り考えることで 矛盾を矛盾としたままとらえて、前に進みたいと思いました。…

【開催報告】哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 その1「大阪行きの船に乗る」

「哲学ツーリズム@釜ヶ崎」と称して有志を募り短い旅をしました。 大阪釜ヶ崎をめぐるなかでそれぞれ驚きや発見があり、 新しい世界観を獲得したり、新たな認識に到達できればと思いました。 大人の社会見学とも修学旅行とも言えます。 何回かに分けてレポ…

【開催案内】別府鉄輪朝読書ノ会 11.24 『春琴抄』

十一月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内をします。 十一月は美しくそしてド変態の谷崎潤一郎『春琴抄』をみなさんと読んでいきます。むすびの店長河野さんの特製メニューもお楽しみに。 内容紹介 盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いて谷崎文学の頂…

【開催案内】哲学カフェ大分 11.16

11月の哲学カフェ大分は「写真が人にもたらすものとは?」をテーマに みなさんと対話していきたいと思います。 以下案内文です。 毎年年賀状に印刷される幸せそうな友人の家族写真が苦手だという人がいるという話を聞いたことがあります。デジタル技術の発達…

【開催報告】第1回 哲学カフェ大分 10.19

BunDoku(大分朝読書コミュニティ)からのれん分けをして最初の 哲学カフェ大分を開催しました。 今回は「恋愛感情とはなにか?」をテーマにみなさんと対話しました。 なかなか年齢を経ると正面切って恋愛について話したり考えたりする 機会がないなあと思っ…

【開催報告】第四十二回 別府鉄輪朝読書ノ会 10.20

十月は村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を みなさんと読んでいきました。 アオ(ブルーハワイ)とシロ(バニラアイス)。 アカ(トマト、赤味噌、人参など)とクロ(里芋、黒酢、ブラックペッパーなど)、 (ブロッコリーの緑も) 作…

【若干名募集】「哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 」

※この写真は認定NPO法人Homedoorさんを通して撮影者に購入額の一部が寄付される仕組みになっています。 www.homedoor.org いつからか、大阪の釜ヶ崎(西成)という土地に興味をもった。 こわい、きたない、近づいてはならない、そんなイメージであったが、 …

【開催報告】医療・看護・介護関係者の方のてつがくカフェ 10.5

〈医療・看護・介護福祉関係の方の哲学カフェ10.5〉を開催しました。今回で2回目になります。前回は「看取り」について、今回は「人間にとっての病」について、みなさんと対話しました。 日本のテレビ番組の多くは健康や病気に関するもので溢れていますが、…

【開催案内】別府鉄輪朝読書ノ会 10.20 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

十月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内です。 ◎10/20(日)午前10時00分~ 十月は村上春樹『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』(文春文庫)を読みます。 内容紹介(BOOKデータベースより)多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四…

【開催報告】第四十一回 別府鉄輪朝読書ノ会 9.29

九月の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。 今回は西加奈子さんの『通天閣』(ちくま文庫)をみなさんと読んでいきました。 おかしいところ、悲しいところ、辛いところ、泣きもし、笑いもし、 みなさんの感情が激しく揺さぶられた作品のようで、 いつもは静…

【開催案内】哲学カフェ大分 10.19 「恋愛感情とはなにか」

先日ある方のツイッターで昔の辞書についての引用がありました。 昔の辞書には恋愛についてこのようなことが書かれています。 新明解国語辞典(第五版)「戀愛」 「特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した氣分で二人だけで一緒にいたい、精神的な一体感を…

【開催報告】先生のためのてつがくカフェ 9.21

第2回目の「先生のためのてつがくカフェ」を開催しました。 今回のテーマは「校則はなぜあるの?」。 〈校則〉という視点から学校や先生、学生、保護者、地域、日本の風土、国民性といった大きな広がりの中で考えることができました。 対話中に出てきました…

【開催報告】第60回 BunDoku哲学カフェ

60回目のBunDoku哲学カフェを開催しました。 今回できりよくBunDoku哲学カフェは終了し、哲学カフェ大分に移行します。 いままで、ありがとうございました。 さて今回のテーマは「差別はなぜなくならないの?」でした。 人間としての生存本能としての差別、…

花腐し

哲学カフェが5年目で60回をむかえて、 新しく独立して個人のレーベルで展開していくことにする。 そのお祝いに花束をいただいた。嬉しかった。 長く続いているからといって偉いわけでもないし、 蓄積や歴史みたいなものもあまり関心がなく、 一回一回をその…

【開催報告】哲学ウォーク@鉄輪温泉その4

鉄輪はフォトジェニックな場所が多く、 みなさん発表が終わった後は解放されたのか、写真をたくさん撮っていました。 最後の発表者です。 1時間20分くらいの哲学ウォークでした。 全員の発表が終わり、 スタート地点のここちカフェむすびのに戻りました。 み…

【開催報告】哲学ウォーク@鉄輪温泉その3

哲学ウォークを開始して、30分を過ぎたころから、 ぽつぽつと手が上がり、「発表」がされるようになりました。 ③自分の引いた哲学者の言葉とぴったりとくる風景だと思ったら、 「はい!」と手を挙げて、他の参加者の歩みを止めてください。 そこであなたの…

【開催報告】哲学ウォーク@鉄輪温泉その2

②ファシリテーターのナビゲーションで鉄輪の町を歩きます。 基本的に歩いている時はサイレント・ウォークです。 喋ってはいけません。黙々と歩きましょう。 ポイントポイントでファシリテーターが立ち止まって、 その場所の説明をすることがあります。考える…

【開催報告】哲学ウォーク@鉄輪温泉その1

哲学ウォーク@鉄輪温泉を開催しました。 当日は暑かったですが6名の方に参加いただき、鉄輪の町を歩きながら、 哲学してみました。 哲学カフェは屋内での開催が多いと思いますが、 こうして外に出て歩いて体を動かし、五感を働かせながら、 思索してみたい…

◆開闢の裂け目

大分市と臼杵市の境にある山間の とても車がないと行けない奥地に その神社はある。 仕事で通るたびに気になっていたが じっくり見たかったので休日に足をのばした。 ルーチョ・フォンタナのスリットのように 空間に裂け目が生じ、その隙間から光線が射せば …