大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

課題図書の紹介『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ

f:id:kannawadokusho:20160502195549j:plain

 

「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった」――。やし酒を飲むことしか能のない男が、死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る。その途上で出会う、頭ガイ骨だけの紳士、指から生まれた赤ん坊、不帰(かえらじ)の天の町……。神話的想像力が豊かに息づく、アフリカ文学の最高峰。1952年刊。

 

第二回目の別府鉄輪朝読書ノ会の課題図書は、

エイモス・チュツオーラの『やし酒飲み』をとりあげます。

作者のエイモス・チュツオーラはナイジェリアの作家(1920-1997)ですので、

大きくはアフリカ文学という範疇に入りますが、英語で書かれた小説です。

 

冒頭はこんな文章で始まります。

「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった。わたしの生活は、やし酒を飲むこと以外には何もすることのない毎日でした。」

冒頭からすでに、わたしたちの生きている世界の論理や常識から外れた

肌触りがします。

 

 

ラテンアメリカ文学は読まれている方でも、

アフリカ文学はなかなか触れる機会がないだろうと思い、

今回この作品をとりあげてみました。

どんな〈読み〉があるのか、みなさんの感想が楽しみです。

まだ残席ありますので、気になる方はぜひホームページより

お申し込みください。

 

http://kannawanoasa.jimdo.com

シミズ