読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

読書と書物

他者と一緒に書物を読んでいて、これまでは読めなかった箇所が読めるようになるのは有益なことだが、更に有益なのは、これまで読めていたと思っていた箇所が実は全然読めてなかったことに気づけることだ。そして、不思議なことに、そう気づくことによって、その本全体に対する理解は飛躍的に深まるのだ

 

優れた書物とは、読者の心に多くのものを注ぎ込んでくれるというよりは、むしろ読者の心から多くのものを引き出してくれるものだ。自分の中に潜んでるとは思わなかった多くの引き出しを開いて、新たな発想や思索の展開を活性化してくれるものだ。読むことが創造的な営みであるというのはそういう意味だ。

 

真に大切なのは、批判的に書物を読むことではなく、むしろ優れた書物によって自らが批判されることではないか。他者の書物を批判し、自らは何の変化もしないというのでは、読書の意味は存在しない。自らの世界観が揺るがされるほどに、優れた書物によって衝撃を与えられること、それこそ読書の原体験だ

 

山本芳久

 

山本芳久 (@201yos1) | Twitter