読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

【開催報告】第五回 別府鉄輪朝読書ノ会

第五回目の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。

今回は八月ということもあり課題本は原民喜の『夏の花』をとりあげました。

暑い中でしたがご参加いただき、それぞれの思いを聴くことができました。

観察眼の鋭さ、人間の本能、嗅覚、文章がきれい、独特で読みにくい、

抽象的なのか具象的なのかわからない、日常の中に原爆がやってくる感じ、

語りがたい事象を語る言語の限界に挑んでいる、旧字体の迫力、

一文一文を味わい尽くしたいような、

悲惨さを訴えるだけの戦争文学とは一線を画している等々。

原民喜は大文字の歴史に流されることなく、

あくまで一個人として原爆体験を表現し得たことに

その普遍性、世界文学に足るものがあるのだろうと思いました。

 

後輩でもあり『永遠のみどり』に出てくるEこと遠藤周作の言葉を引用します。

原民喜さんの『夏の花』は、戦後いくつも書かれた広島原爆の日を語る作品のなかで、最高のものである。そこには大声も大きな身ぶりもない。そこにあるのはその日を体験して、大きな哀しい眼で全てを目撃した語り手の声である。」(ぐうたら交遊録)

 

対話の中でたびたび言及されました遺書をリンクします。

原民喜 遺書

 

また、おいの時彦さん(81)への インタビューもリンクしますので、ご関心のある方は読んでみてください。

戦後71年:原爆を描いた作家・原民喜の祈りと黙契 広島に住むおいの原時彦さんに聞く : 文化 : クリスチャントゥデイ

 

f:id:kannawadokusho:20160821170506j:plain

f:id:kannawadokusho:20160821170712j:plain

f:id:kannawadokusho:20160821170742j:plain

f:id:kannawadokusho:20160821170801j:plain

f:id:kannawadokusho:20160821170823j:plain

今回もむすびのさんの特製メニューです。地きゅうりのヨーグルト和えや、奥部鍼灸院の奥部さんからいただいた大きなオクラのカレーなど美味しくいただきました。

f:id:kannawadokusho:20160821171004j:plain

夏の花を代表するイチジクのコンポートも美味しかったです。イチジクには実がなくて食用としているのは花の部分だそうです。そういえば、漢字で無花果と書きますね。

f:id:kannawadokusho:20160821171030j:plain

最後にみなさんで記念撮影。

f:id:kannawadokusho:20160821171301j:plain

いつも詳細に調べて参加されているMさんのノートです。作品理解の助けになりました。付箋がすごい!!

 

今後とも別府鉄輪朝読書ノ会は月1回日曜日の午前中に開催します。

次回は9月25日。川上未映子の『ヘヴン』(講談社文庫)をとりあげます。

ご関心のある方はホームページよりお申込みください。

参加のお申込み - 別府鉄輪朝読書ノ会