対話と人と読書

〈対話と人と読書〉主宰。大分市で哲学カフェを別府市で課題図書型の読書会を開催しています。BunDoku哲学カフェ/別府鉄輪朝読書ノ会/てつがくカフェ

人文学と自己

なぜテロリストに自殺攻撃ができるのかと考えれば、そこに「社会のため」という自己犠牲があるのは当然の話である。「社会のため」と思い上がった人間が、障害者を殺し、医療費を喰う重病人に死ねと言い、そして若者を死に追い込むのである。それよりも、徹底してリアルに自己に直面できるかどうか。

 

だから一度は人文学を学んでほしいと。それは人間というよりもおのれを生かすための学問であり、完全に自己中心的な人間たちの躍動する世界である。博打にあけくれ、女と遊び、金を得ては浪費し、乞食になって自分の言いたいこと、やりたいことだけをやって鮮やかに去っていく風変わりな人間たちの。

 

田中希生 (歴史学者)

 

twitter.com