読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

〈ゆふいん文学の森〉がオープンしました!

太宰治が東京の荻窪で下宿していたという〈碧雲荘〉。これが取り壊される危機にあったところ、湯布院で旅館業を営む橋本さんが引き取りを打診し、約2億円をかけて湯布院に移築したという偉業。それが〈ゆふいん文学の森〉としてこのたびオープンしました。文学の拠点にしたいと柚野館長。湯布院を大地震が襲って1年後に新しい希望が生まれました。

 

先日そのオープン記念式典に招待していただき内覧会に参加してきました。

f:id:kannawadokusho:20170418090026j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418090106j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418090128j:plain

東京でも数件しか残っていない昭和初期の下宿の建築様式。

f:id:kannawadokusho:20170418094339j:plain

f:id:kannawadokusho:20170417094713j:plain

各部屋は複数の読書スペースとして活用されている。

f:id:kannawadokusho:20170418090236j:plain

富嶽百景』にも登場した窓。

f:id:kannawadokusho:20170417094428j:plain

Mさんの岩?

f:id:kannawadokusho:20170418090327j:plain

テレビ局から感想を聞かれる。

f:id:kannawadokusho:20170417094736j:plain

窓から見える豊後富士こと由布岳がすばらしい。

f:id:kannawadokusho:20170418090339j:plain

f:id:kannawadokusho:20170418094439j:plain

かぼすスカッシュが美味しかったです。

f:id:kannawadokusho:20170417094755j:plain

関連グッズもたくさん。

f:id:kannawadokusho:20170417095556j:plain

太宰が座った同じ窓辺で富嶽百景を読んでみる。

 

ここでの読書会の話もあり、今後の展開が楽しみです。

文学好きな方、ぜひ行ってみてください。