大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

無題

 

 

卒業式は毎年感慨深い。君たちは歴史を通じて人間のことを学んだ。歴史学をはじめ、人文学は社会の役にはまるで立たない。この学が真に役立つのは、君たちが社会につまづいたときだ。さまざまな悩みや困難が君たちを襲うそのとき、卒論を書いたときのように、人間とは何か、と問い返すことができる。

なにかにつまづいたとき、大学で学んだ人文学について、少しでいいから思い出して欲しい。さまざまな困難を抱えた歴史の登場人物たちは、どうやってそれを乗り越えたろうかと。戦ってもいいし、逃げてもいい。そこに人間の豊かさについて学ぼうとする人文学的態度があるなら、すべてはポジティブだ。

歴史学者 田中希生ツイッターより