1. 恐らく実際に経験してしまうと書けなくなってしまう小説というものがあるのだ。

     吉村萬壱 twitter