1.  

     

    家に帰るよりは、一生、本にすがりついていいと、だれかがそんな許可をくれないかと、そればかり願っていた。須賀敦子