大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

鉄輪の大晦日

f:id:kannawadokusho:20181231152519j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152551j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152634j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152653j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152722j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152746j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152818j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152838j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152918j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152938j:plain

f:id:kannawadokusho:20181231152956j:plain

 

 

鉄輪はよく晴れていた。雲が蒸気に、蒸気が雲に。かつて自死した同級生の魂のいくえをつづった藤原新也の『鉄輪』を思い出した。

 

年末年始は県外ナンバーが多い。渋ノ湯は入れず、今日は熱の湯にした。横断道路の長い坂を走る、約6km。自分だけかと思いきや、けっこういろんな人が走っている。この坂の負荷が足腰にも心肺にもとても効く。探していたランニングウエアを掃除ついでに見つけた。

 

家の大掃除。大掃除は命がけ。年末はデヴィッド・リンチの「ツイン・ピークス」シリーズを1巻から見る。今はやっと6巻。途方もなく面白い。因と果が微かに明滅して、思わぬ接続を果たす。映画は全てこうあってほしい。本は荒川洋治の「詩とことば」。ことばに久しぶりに興奮する。音楽はなぜかレディオ・ヘッドを聴いている。

 

2018年を振り返ると高野山や台湾、呉に行けたのはよかった。精神や文学、髙みへといたる旅。みなさま良いお年を。