対話と人と読書

〈対話と人と読書〉主宰。大分市で哲学カフェを別府市で課題図書型の読書会を開催しています。BunDoku哲学カフェ/別府鉄輪朝読書ノ会/てつがくカフェ

【開催報告】第三十六回 別府鉄輪朝読書ノ会

四月の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。今回で三十六回目ということで、おかげさまで三周年を迎えることが出来ました。ありがとうございます。

 

f:id:kannawadokusho:20190429214909p:plain





 

今回は折口信夫死者の書』をとりあげて、みなさんと読んでいきました。この読書会を始めたころから、いつかはとりあげたいと思っていたのですが、なかなかタイミングが見出せず、平成最後、改元直前のこのときに機を見出すことができました。万葉集との絡みもあり、これから令和のあたらしい時代にむかって幸先良い回となりました。

 

f:id:kannawadokusho:20190429214101j:plain

f:id:kannawadokusho:20190429214615j:plain

f:id:kannawadokusho:20190429215134j:plain

 

むすびのさんの趣向を凝らした軽食も美味しかったです。

 

難解で知られる『死者の書』もみなさんの読みを持ち寄ることで、巨人折口信夫の背中を微かに追うことができたかもしれません・

 

f:id:kannawadokusho:20190429215425j:plain

f:id:kannawadokusho:20190429215452j:plain

 

参加者Mさんの参考資料は、この作品の契機ともなったエジプトの「死者の書」でした!

 

あたらしい元号になっても、この読書会は続いていきます。