対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

400人の対話をいかにファシリテートするか?

 

f:id:kannawadokusho:20190822161720j:plain

 
大阪の道頓堀でヘイトデモが行われている最中、チマチョゴリを着た女性が
フリーハグをされている動画を見て涙が出た。その理屈を超えた強さにあこがれる。
フリーハグは言語的な活動ではないけど、そこには対話に似た一瞬の行き交いがある。
年齢や性別、立場や考え方が違っても、まずリスペクトがあり、憎しむことなく
人生が交差し、許しに似た感情が生まれる。個別の生が抱える具体的な対象は
そこで明示されることはない。
 
哲学カフェにおいての〈自分語り〉には限界があって、
なんというか自己紹介の域を出ず、そのときのテーマや参加者と響き合わない。
むろん思索するうえで具体的なエピソードは重要だが、自分語りはそれとは違って、
お話に終始し、普遍性にまで届きづらい。
明示しないが、なにか耐えているものがあったり、語り得ないものがあって、
それがとりあげたテーマと響き合う。参加者のなかに他者が浮かび上がる。
 
でもその〈自分語り〉によって、その人の生が再構成されているのも感じる。
その人にとって大事な時間が流れていると思えるので、長くなってもファシリテーター
として止めたりはしづらいものがある。20人もの人が知らないその人の人生を聴く。
 
***
 
最近知ったのですが、〈哲学プラクティス連絡会〉という日本国内における
哲学カフ​​ェ、哲学対話関係者が集まって、活動報告や情報交換をしたり、
ワークショップを開いたりする場があるようで、今週末の8/24と8/25に
立正大学にて第5回目が開催されるようです。
 
今回カフェフィロのyさんからご紹介いただき、当日ワークショップを主催される
nさんよりアンケートによる参加要請を受けました。
「哲学カフェについて考えるときにわたしたちが考えること」というWSです。
 

今回は東京での開催なので行けませんが、アンケートという形で、

参加させてもらうことにしました。

 

アンケートの問いは以下のようなものでした。

 

 

 

・自己紹介(哲学カフェ紹介)

・自分の哲学カフェの自慢をおしえてください。

・自分の哲学カフェに固有だと思うこまりごとをおしえてください。

・哲学カフェをひらくきっかけ、モデルがあればおしえてください。

 

 


当日は興味深いワークショップがたくさんあり、

(400人の対話をいかにファシリテートするか?や中高年の哲学対話の可能性など)

駆けつけたい所ですが、行けそうにありません。

http://philosophicalpractice.jp/wp-content/uploads/2019/08/2019JAPP_timetable_0814.pdf

 

 

次回は大阪であるようなので、参加できるといいなと思っています。

いい会になるといいですね。

 

 

機関紙もあるようなので、興味のある方はぜひお読みください。

philosophicalpractice.jp