対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【ご案内】医療・看護・介護関係者の方のてつがくカフェ 10.5

 

f:id:kannawadokusho:20190802092116j:plain

 

哲学カフェのファシリテーターを担当していますシミズです。

第2回目の「医療・看護・介護福祉関係者の方のてつがくカフェ」のご案内をします。

今回はずばり「病」についてみなさんと考えてみたいと思います。

一般の方の参加も大歓迎です。

専門的な知識は必要ありません。お気軽にお申込みください♩

 


テーマ:「人間にとって〈病〉とは何か?」

 

医学が進歩し、世界でも有数の長寿国である日本。
しかし、その分病を抱えながら生きる人が増えているのも事実です。
また、医学が進歩しても根治が困難な病は依然として存在します。
そのような前提に立つとき、「人間にとって病とは何か?」というテーマを考えることは、一人の人間として、私たちの在り方に関わってくるのではないでしょうか?
病と健康との境界はどこか、いろんな角度から人間にとっての「病」というものを、皆さんと共に考えてみたいと思います。(M)

 

○日 時:10月5日(土)18:30-20:30
○場 所:大分市中心部
ファシリテーター:シミズ(対話と人と読書)
○対 象:医療や福祉関係者だけでなく一般の方も参加大歓迎です。
○参加費:1,000円(会場費、運営費含む)※学生500円・当日受付でお支払いください。
○定 員:約15名(要事前申し込み)
○備 考:お申し込みは、10月4日までにこのメールへ返信ください。

 

お申込み・お問い合わせはこちらから

哲学カフェ大分 - 対話と人と読書(哲学カフェ大分)