対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催案内】九月の別府鉄輪朝読書ノ会

f:id:kannawadokusho:20190901105004j:plain

 

九月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内です。

 

九月は『通天閣西加奈子ちくま文庫)を読んでいきます。

むすびの店長の河野さんは大阪出身なので、

提供されるドリンクや軽食がいつも以上に楽しみです。。

とプレッシャーをかける。

 

 

内容紹介(BOOKデータベースより)
冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれていく。天性の物語作者ならではの語り口に、最初から最後までグイグイと引き込まれるように読み進み、クライマックスでは深い感動が訪れる。このしょーもない世の中に、救いようのない人生に、ささやかだけど暖かい灯をともす絶望と再生の物語。織田作之助賞受賞作。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西/加奈子
1977年、テヘランで生まれ、エジプトで育った。その後、大阪で生活し、関西大学法学部を卒業。2004年『あおい』(小学館)でデビュー、05年『さくら』(小学館)が大ベストセラーになる。2007年、『通天閣』で第24回織田作之助賞受賞

 

 

参加希望者はホームページよりお申し込みください。

kannawanoasa.jimdo.com