対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】哲学ウォーク@鉄輪温泉その2

 

 

 

ファシリテーターのナビゲーションで鉄輪の町を歩きます。

 

基本的に歩いている時はサイレント・ウォークです。

喋ってはいけません。黙々と歩きましょう。

 

ポイントポイントでファシリテーターが立ち止まって、

その場所の説明をすることがあります。考えるヒントにしてください。

事前に歩くルートを知ることはできません。

ともに歩む哲学者の言葉を任意に選ぶこともできません。

未知の状況のなかで、偶然性を受け入れながら、思索をしてください。

 

 

 

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20190916164633j:plainf:id:kannawadokusho:20190916182804j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916165921j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916181522j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916182029j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916165214j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916165533j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916182448j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916165721j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916183020j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916183355j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916183944j:plain

f:id:kannawadokusho:20190916183517j:plain

 

 

歩く、歩く、

 

黙々と歩く。

 

でも頭のなかはフル回転しています。

 

自分自身の対話(Inner Dialogue)です。

 

僕には、なにかみなさんが巡礼者のようにも見えました。

 

考えに集中できるように、そして安全面もかんがみて、

なるべく車が通らないような道を選びました。

 

 


哲学ウォークはつづきます。。