対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【若干名募集】「哲学ツーリズム@釜ヶ崎 11.2 」

 

 

f:id:kannawadokusho:20191001184827j:plain

※この写真は認定NPO法人Homedoorさんを通して撮影者に購入額の一部が寄付される仕組みになっています。
 
いつからか、大阪の釜ヶ崎(西成)という土地に興味をもった。
 
こわい、きたない、近づいてはならない、そんなイメージであったが、
 
この土地のことについていろいろと知るうちに、
 
強く魅きつけられるようになった。
 
 
 
 
6月にあまがさきの哲学カフェに参加した際、泊まるところがなくて、
 
主催の赤井さんに紹介していただいたのが、
 
偶然にも釜ヶ崎にあるココルームというゲストハウスだった。
 
 
 
 
赤井さんは以前にココルーム主催の釜ヶ崎の町を歩く会に参加していたので、
 
そのときの興味深い話を聞いた。
 
 
 
自分も哲学ツーリズムというスタイルで参加者を募り、
 
企画できないだろうかと、ココルームに打診したところ、
 
快く引き受けてくれた。
 
 
 
 
この企画にどれだけ人が集まってくれるか未知であったが、
 
メールで呼びかけたところ、あっという間に定員に達してしまった。
 
それで満を持して準備していたところ、今回の台風で流れてしまって、
 
ふたたび11月2日で仕切り直すことにした。
 
 
 
10月の時は内々で募集していたのだが、今回は広く県外からも
 
申し込みを受け付けたいと思います。
 
地元関西の方など若干名ですが募集します。
 
たとえば、こういうところを訪問する予定です。 
 
 
参加したい方、詳細を知りたい方、参加費など、
以下のメールアドレスに問い合わせください。
11月2日(土)の午前中から18時までがっつり釜ヶ崎の各所をめぐる予定です。
 
umoregi15★gmail.com
 
★を@に変えてください。
 
 
哲学カフェは、車窓からの風景が次々と変わっていくように、旅と似ている。
「哲学ツーリズム」とは、観光と哲学カフェ(対話)を組み合わせたもの。
どのようなスタイルが良いのか、これから手探りで模索していきます。
それまで無縁だった世界を知ることで、また既知のなかに未知を見出すことで、
自分の足場を崩していくような、経験ができるといいなと期待します。
 
 
「哲学ツーリズム」に関して、以下のブログを参考にしました。
 
 
 
 
***
以下案内文です。
 
「哲学ツーリズム@釜ヶ崎はココルームという釜ヶ崎に根を下ろして活動しているNPO法人に案内役を頼んで、釜ヶ崎で活動している様々な施設を訪問し話を聞き、対話をする企画です。教育や医療、福祉、あるいは貧困の問題に関心のある方には大きなインスピレーションを与えるのではないのかと思っています。
 
 
○テーマ:釜ヶ崎を歩く  
○日 時:11月2日(土)9:00-18:00 
○場 所:大阪西成区
○企 画:対話と人と読書・シミズ
○案内人:NPO法人 こえとことばとこころの部屋 ココルーム
○定 員:約10名程度(要事前申し込み、先着順)