対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】第四十二回 別府鉄輪朝読書ノ会 10.20

f:id:kannawadokusho:20191020220021j:plain

十月は村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を

みなさんと読んでいきました。

 

f:id:kannawadokusho:20191020220106j:plain

アオ(ブルーハワイ)とシロ(バニラアイス)。

 

f:id:kannawadokusho:20191020220835j:plain

f:id:kannawadokusho:20191020220238j:plain

アカ(トマト、赤味噌、人参など)とクロ(里芋、黒酢、ブラックペッパーなど)、

ブロッコリーの緑も)

 

作品にちなんだむすびの河野店長の特製メニューはカラフルなものでした。

美味しかったです。

 

 

f:id:kannawadokusho:20191020220610j:plain

 

みなさん主人公の置かれた状況を自分のこととして捉えながら、

さまざまな解釈、読みを展開して、いつも以上に白熱した会になりました。

海外の方の意見も参考になりました。ご参加ありがとうございました。

 

作中に出てきた大分県の山中の温泉はどこなのでしょうか??

 

 

f:id:kannawadokusho:20191020220947j:plain

f:id:kannawadokusho:20191020221132j:plain

 

おわって冨士屋ギャラリーへ。すてきな空間で喫茶が楽しめてオススメです。

私の部屋から冨士屋ギャラリーの庭が眺められるのが自慢です。

 

 

f:id:kannawadokusho:20191020221242j:plain


樹齢二百年のウスギモクセイが香っていました。


十一月は谷崎潤一郎の変態小説『春琴抄』を読みます。