対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【ご案内】「それぞれのシネマ 11.30(映画で考えるシネマ哲学カフェ)」

 

新企画の「それぞれのシネマ 11.30(映画で考える哲学カフェ)」の案内をします。

以前BunDokuの方でシネマカフェを開催していましたが、よりテーマ性の強い、

哲学カフェよりの〈映画で考える哲学カフェ〉を企画しました。

 

事前に1本の映画を見ていただき、それについて対話をしていきます。

今回とりあげる映画は、 ガス・ヴァン・サント監督 2008年製作の「ミルク」です。

すでにご覧になっている方も多いと思いますが、

性的マイノリティーを題材にした映画です。

 


【ストーリー】amazon作品紹介より
1970年代アメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。
1972年ニューヨーク、ミルクは20歳年下のスコット・スミスと恋に落ちる。2人はサンフランシスコに移り住み、自由な空気のカストロ地区で小さなカメラ店を開く。やがてミルクは同性愛者、有色人種、シニア層など社会の弱者の“声”を伝えるべく政治の世界へと飛び込む。そして1977年、4度目の出馬でサンフランシスコの市政執行委員選に見事当選し、マイノリティを支援する条例を実現するための行動を推し進める。しかし、翌1978年11月27日、彼は志なかば敵対する市政執行委員の凶弾に倒れた。彼の人生最後の8年間、いったい何があったのか・・・。

 

 


事前に映画「ミルク」をDVDなどで見てきていただいて、映画の感想を交えつつ「カミングアウト」や「マイノリティーとマジョリティ」についてみなさんと考え、話し、聴き、対話していきたいと思います。


○日 時:11月30日(土)19:30-21:30
○場 所:大分市内中心部
○企 画:ファシリテーター:シミズ「対話と人と読書」
○参加費:¥500円(運営費、会場費)
○参加条件:事前に映画「ミルク」を見る。
○定 員:約20名程度(要事前申し込み、先着順)
○備 考:開催前日までにお申込みください。

 

 

f:id:kannawadokusho:20190723131628j:plain

 

お申込み・お問い合わせはこちらから

哲学カフェ大分 - 対話と人と読書(哲学カフェ大分)