対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

塚原温泉・火口乃泉

 

 

 

火口を歩いた。

意外にも近く、家から車で20分少しの所にそれはあった。

ぎらつく太陽光のなか、鉄輪、明礬を抜け、湯布院方面に向かう。

 

塚原温泉の受付で200円払って、いざ火口へ。

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20200816182438j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816182610j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816182910j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816182955j:plain

 

 

受付から5分くらい歩いたところ、

荒涼たる風景が広がっていた。

砂礫が黄色く硫黄に染まっている。

ムトウハップの匂いが時折風にのってくる。

火口から噴煙が出て、吹き出す音が絶え間ない。

 

 

ここは別府温泉の大元。

鉄輪断層と朝見川断層が交わる扇の要の場所になる。

 

 

f:id:kannawadokusho:20200816183025j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183105j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183152j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183244j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183442j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183522j:plain

 

遠くには湯布院が見える。

高原ではあるが、涼しいとは言えなかった。

暑くなければ、岩にでも座ってぼーとしていたかった。

 

火口を巡った後は塚原温泉に入る。

 

鉄含有量日本第1位

アルミニウムイオン日本第2位

酸性度の高さ日本第2位

 

強酸性の湯がとてもきもちよかった。

ピリピリして汗疹とかにも効きそう。

ph1.4というのはレモンの数十倍強い酸性度だ。

石鹸が使えないので、出た後は全身が鉄臭い。

 

 

f:id:kannawadokusho:20200816183620j:plain

f:id:kannawadokusho:20200816183711j:plain

 

 

今年の夏休みのおでかけ?はこれくらい。

また来たい。

 

帰りは車のなかで「トーキングウィズ松尾堂」のラジオを聴いていた。

松尾貴史さんのノイズのない声が好きで、

自分の中にある〈乱れ〉を意識してしまう。

こういう声を自分も出せるようになりたいなどと思う。

放送自体も2018年の壇蜜さんが出た回で、

過去の声が今ここであるように響くラジオの特性を愛す。

 

別府公園前のスタバに寄ってしばらく読書。

半藤一利の『昭和史』を読んでいた。

 

夜になると、気温が少し下がってその下がり方が急な感じで

盆も過ぎればやはり夏も終わった感がある。