対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催案内】オン哲!1.4(オンライン哲学カフェ)

f:id:kannawadokusho:20201123203331j:plain

 

 

年明けて、1月の企画のご案内をいたします。オンラインですが、正月ボケに効くと好評の年明けの哲学カフェです。参加希望の方は、このメールへの返信で構いませんので、お気軽にお申込みください。哲学や文学の知識は不要です。聴くだけの参加でも構いませんよ♪



◆「オン哲!1.4(オンライン哲学カフェ) 」  

今回のテーマは「〈普通の人〉による差別、暴力とは」をテーマにみなさんとオンラインで対話したいと思います。参加希望の方はこのメールの返信で構いません。よろしくお願いいたします。

 
*ファシリテーターのコメント
レイシズム嫌韓、その他の差別、またネットによるヘイト行為等々を行っている人たちは特定の思想団体に属しているというよりも、どこにでもいる〈普通の人〉だと言います。これは自分の身の回りでも思い当たることが多い指摘ですが、そもそもこの〈普通の人〉ってなんなのだろうかと、問い考えてみたいと思いました。またどうすればレイシズムがなくなるのかなども考えていければと思います。
 
以下の内田樹氏のブログを参考までに読んでいただければと思います。

「朝鮮新報」のインタビュー - 内田樹の研究室


 
 
○テーマ: 「〈普通の人〉による差別、暴力とは」  
○日 時:1月4日(月)20:00-22:00
○場 所:各自パソコン(カメラ・マイク付属もしくは内蔵)の前へ(原則デスクトップかノートブックパソコンにて参加してください。)  ※ ipadスマホでの参加は構いませんが、全員の顔が同時に見れないので不自由さがあるかと思います。
○方 法:Zoomを使用します。
ファシリテーター:シミズ
○参加費:300円*paypayかamazonギフト券か私に直接お支払いください
○定 員:約15名程度(要事前申し込み、先着順)
○備 考:開催前日までにホームページからお申込みください。