対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

紡がれる鉄輪

f:id:kannawadokusho:20210207214237j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214253j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214332j:plainf:id:kannawadokusho:20210207214435j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214648j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214529j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214509j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214606j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214701j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214742j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214813j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214845j:plainf:id:kannawadokusho:20210207214948j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207214921j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207215033j:plain

f:id:kannawadokusho:20210207215031j:plain
f:id:kannawadokusho:20210207215019j:plain







 

鉄輪の町を歩くときは、自然と歩幅もひろくゆっくりとしたものになっている。

 

鉄輪は母が若かりし頃美容師として修行した町。

 

母には母の、私には私の鉄輪の記憶があり、

 

それらは寄る辺なき人生のなにかしらの止まり木となって

 

慰安の場所になっているに違いない。


人は記憶によって守られているし、生き長らえることもできる。

 

幸不幸関係なく。

 

私のいう記憶とは、忘れてしまったものも含んでいる。

 

いや寧ろ忘れてしまったものこそ、今の私をつくっているに違いない。

 

すぐれた写真はそういうものが写っている。

 

まれに深夜、だれもいない鉄輪の町を徘徊すると、

 

そういうもので圧倒され、興奮にのまれることがある。

 

そうしたとき、徘徊して私に見られることで解凍されるアーカイブとは、

 

死者そのもの。建物とか地霊とか猫や樹木も含めた、死んだ者たちだ。

 

 

 

 

「夜の羊達」井坂洋子

 

さよなら とさけんだ時は

 

君はもう眠るように見知らぬ時へ

 

腕いっぱいの羊達と

 

よりそいささめきながら

 

歩いていって

 

私は昨日の土地へ

 

みすてられているのだ

 

“さよなら”

 

ともう一回さけんで

 

もう一回君の生あたたかい息が

 

戻ってくれたら と

 

たくさんの暗い陰といっしょに

 

おもみが肩にあざをつくって

 

どんどん流されてゆくのに

 

それでも

 

恨めしく振り返ってみるのだ