対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

「対話の可能性」

 

f:id:kannawadokusho:20210319214733j:plain

 

 

 

鷲田清一さんの「対話の可能性」という

詩のような文章にふるえた。

 

 

縦書きで書けないのが残念だが、シェアしたいので書き写してみる。

改行はこちらでしました。傍線も僕が引いています。

 

 

 

 

 

対話の可能性

 

 人と人のあいだには、性と性のあいだには、人と人以外の生きもののあいだには、

 

どれほど声を、身ぶりを尽くしても、伝わらないことがある。思いとは違うことが

 

伝わってしまうことがある。〈対話〉は、そのように共通の足場をもたない者の

 

あいだで、たがいに分かりあおうとして試みられる。そのとき、理解しあえるはずだ

 

という前提に立てば、理解しえずに終わったとき、「ともにいられる」場所は

 

閉じられる。けれども、理解しえなくてあたりまえだという前提に立てば、

 

「ともにいられる」場所はもうすこし開かれる。

 

 対話は、他人と同じ考え、同じ気持ちになるために試みられるのではない。語り

 

あえば語りあうほど他人と自分との違いがより微細に分かるようになること、それが

 

対話だ。「分かりあえない」「伝わらない」という戸惑いや痛みから出発すること、

 

それは、不可解なものに身を開くことなのだ。

 

 「何かを学びましたな。それは最初はいつも、何かを失ったような気がする

 

ものです」(バーナード・ショー)。何かを失ったような気になるのは、対話の

 

功績である。他者をまなざすコンテクストが対話のなかで広がったからだ。対話は、

 

他者へのわたしのまなざし、ひいてはわたしのわたし自身へのまなざしを開いて

 

くれる。

 

 対話は、生きた人や生きもののあいだで試みられるだけではない。あの大震災の

 

後、わたしたちが対話をもっとも強く願ったのは、震災で亡くした家族や友や

 

動物たち、さらには、ついに ’‘損なわれた自然’’ をわたしたちが手渡すほかなく

 

なってしまった未来の世代であろう。そういう他者たちもまた、不在の、しかし

 

確かな、対話の相手方としてある。

 

             せんだいメディアテーク館長 鷲田清一