対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】別府鉄輪朝読書ノ会 5.30『苦海浄土』石牟礼道子

 

 

 

 

 

この日はことにわたくしは自分が人間であることの嫌悪感に、耐えがたかった。釜鶴松のかなしげな山羊のような、魚のような瞳と流木じみた姿態と、決して往生できない魂魄は、この日から全部わたくしの中に移り住んだ。

 

苦海浄土石牟礼道子講談社文庫)

 

 

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210530233644j:plain

f:id:kannawadokusho:20210530221726j:plain

 

 

五月の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。

今回は勇気を出して、とてつもなく大きな、いろんな意味で大きな作品、

石牟礼道子の『苦海浄土』を選びました。

 

 

参加者の方から、今まで知っていたけど避けていた作品、これを機に読めて感謝、紹介してくれたことに感謝、生涯でベスト1の作品になったとの声が聞かれ、主催者として救われる思いがしました。

 

水俣病は過去のものではなくて、現在でも様々に形を変えて、

日本の深奥に巣くっています。

 

九月にはジョニー・デップ製作、主演の「MINAMATA」が公開予定です。

世界もこの問題に注目すれば、川本輝夫さんが提唱した「水俣世界遺産に」も

遠くないかもしれません。

 

映画「ミナマタ」
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000216285.html

 
 
石牟礼さん死去の報道
 
論文です。「世界文学としての苦海浄土
 
5ページ目を参照ください。
 
 
オススメです。『チッソは私であった』緒方正人(河出文庫
 
 
おろよか
 
森永ヒ素ミルク事件
 
戚夫人
 
野口遵
 

 

ご参加ありがとうございました。

次回は、初の韓国文学、ハン・ガンの『菜食主義者』を読んでいきます。