対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】第五回 本読みに与ふる時間 6.13

 

f:id:kannawadokusho:20210616161949j:plain

 

 

本読みに与ふる時間を開催しました。

梅雨の朝のひととき、短い時間ですが読書する時間を共有しました。

ご参加ありがとうございました。

 

 

 

 

今回みなさんの読まれた本です。

 

『哲学カウンセリング 理論と実践』ピーター・B.ラービ(法政大学出版局

 

『彼女たちの場合は』江國香織集英社

 

『〈責任〉の生成ー中動態と当事者研究國分功一郎・熊谷晋一郎(新曜社

 

華氏451度(新訳版)』レイ・ブラッドベリ伊藤典夫訳(早川書房

 

『ライブ講義M-GTA 実践的質的研究法 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチのすべて』木下康仁(弘文堂)

 

 

 グラウンデッド・セオリーなる概念を初めて知りました。勉強になります。

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210616162535j:plain

オンラインの様子