対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】第七回 本読みに与ふる時間

f:id:kannawadokusho:20210822151615j:plain

 

 

八月の本読みに与ふる時間を開催しました。

 

今回読まれた本は以下の二冊でした。

 

 

『イーハトーブ温泉学』岡村民夫(みすず書房)

 

『どこでもいいからどこかへ行きたい 』pha(幻冬舎文庫)

 

 

Oさんの読まれていた本の紹介文をアマゾンで読む。

家にいるのが嫌になったら、突発的に旅に出る。カプセルホテル、サウナ、ネットカフェ、泊まる場所はどこでもいい。時間のかかる高速バスと鈍行列車が好きだ。名物は食べない。景色も見ない。でも、場所が変われば、考え方が変わる。気持ちが変わる。大事なのは、日常から距離をとること。生き方をラクにする、ふらふらと移動することのススメ。

 

 

「日常」から距離をとるというコンセプト。とてもいいな。僕も旅をするときは、目的地に向かうということよりも、「日常」から遠ざかるという意味合いの方が強い。ただこのコロナ禍のなかで、それが封じられるとすれば、他に抜け道を探さねばならない。ネットによる擬似的な体験か、書物による想像力か。そこで身体を介すにはどうしたらいいのだろう。

 

ご参加ありがとうございました。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210822153148j:plain

オンラインの様子