対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催案内】別府鉄輪朝読書ノ会 5.26

f:id:kannawadokusho:20190508172753j:plain

 

今日は暑いくらいでしたね。

日も長くなって、夜の19時過ぎにランニングを始めても、外はまだ明るく

ライトは不要でした。

 

五月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内です。

ハンセン病文学の代表作、

北條民雄いのちの初夜』を百年文庫シリーズの「白」で読みたいと思います。

 

※他収録の梶井基次郎『冬の蠅』、中谷孝雄『春の絵巻』も読んでいきます。

参加希望の方はホームページよりお申込みください。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

朝遅く、宿の窓辺に閃々と降り注ぐ光の中で、冬の蠅は手を摩りあわせ、弱よわしく絡み合う。―透明感溢れる文章が綴られた美しい療養地の情景が、冷酷な真理を際立たせる、梶井基次郎『冬の蠅』。「初めて春に逢ったような気がする」そううそぶいた級友の岡村は自死を遂げた。―若者の胸に去来する青春の光と陰を描いた、中谷孝雄『春の絵巻』。「癩病」を患い虚無に浸る尾田は同病の義眼の男に出会い、その死生観を大きく揺さぶられる(北條民雄いのちの初夜』)。真摯に生き、紡ぎだされたもう一つの青春。
 


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

梶井/基次郎
1901‐1932。大阪生まれ。第三高等学校在学中から執筆活動を始め、「青空」創刊号に『檸檬』を発表。肺を患い早逝したが、『ある心の風景』『Kの昇天』『闇の絵巻』など、後世に残る作品を多数残した

中谷/孝雄
1901‐1995。三重県津市生まれ。梶井基次郎と「青空」を創刊し、『春の絵巻』で文壇での地位を確立した

北條/民雄
1914‐1937。ソウル生まれ。19歳でハンセン病を患う。川端康成と文通しながら病院内で執筆活動を行う。『いのちの初夜』が芥川賞候補になるなど、24歳の若さでこの世を去るまで執筆を続けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

 

 

kannawanoasa.jimdo.com