対話と人と読書|別府フリースクールうかりゆハウス

別府市鉄輪でフリースクールを運営しています。また「こども哲学の時間」など

魯魚章草

 

 

 

 

 

毎朝見るたびに、はつとするほどその書が新らしい

 

高村光太郎黄山谷について」

 

 

 

 

2023.1.30-2.5

月曜日

教えている生徒さんの字が突然上手くなって、

もちろん練習の成果であるわけだが、

自転車に乗れるようになるように、

ある日突然、それは訪れる感の方が強く、

その飛躍に興味がある。

勉強することの本質はこの飛躍で、

主体がトランスフォームされることにある。

顔つきさえも変わる。

教養の力、雪崩れ込んでくるように。

 

 

 

火曜日

消しゴムハンコをみんなで彫る。

単純な○△□でもなかなか流暢に彫るのは難しい。

適度な難しさが歯ごたえとなる。

 

 

水曜日

2ガツへ。

 

 

次年度から探究学習を入れていく計画を話す。

教育は現実をなぞる人を育てるのではない。

順応よりも反逆だ。

探究学習にはその芽が具体的にある。

 

 

 

深刻な病に陥った社会への順応は健康の尺度ではない

クリシュナムルティ

 

 

 

 

木曜日

新たに始める探究学習の勉強をする。

胸が熱くなる数々の試み。

世界はカオスだ。

カオスを教育に持ち込むこと。

そういうエネルギーによって世界は変革される。

 

 

 

金曜日

髪を切る。

自己イメージが変わると、固着していたアイデンティティからも自由になれるような氣がして快い。

 

 

 

保護者の方の見学、相談を受ける。

苦悩し、葛藤し、おそれ、不安のなかに

ちいさな哲学が芽生えてほしい。

間違っているのはきみではない。

 

 

 

土曜日

冬特有のセロトニン不足なのか、元気がない。

元気の気を、「氣」と書いてみる。

元氣。

合氣道もたしか正式にはこの字を使うはず。

この方が実感がある。

たぶんこいつが抜けたときは人はしぬんだろう。

 

 

 

日曜日

中国の楷書の古典「雁塔聖教序」を臨書する。

とても色気のある書で見ていて惚れ惚れする。

こんな字を私も書きたい。

そう思わせてくれるものとの出会いがあるというのはとても幸せだ。

いつでも驚いていたい。

この世界は「すごいもの」で満ちている。

誰も気づかずに通り過ぎていくから、油断せず刮目せよ。

 

 

 



 

【開催案内】別府鉄輪朝読書ノ会 2.19

 

 

 

しかし、これはどうも仕方がない!罪はどうもペテルブルグの気候にあるのだから。

 

『外套・鼻』ゴーゴリ

 

 

 

 

 

 

 

 

二月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内です。

 

ゴーゴリロシア文学を代表する作家ですが、出身はウクライナです。

 

 

◆「別府鉄輪朝読書ノ会 2.19 」
寒い二月はロシア的なるものについて思いを馳せたい。ロシア文学を代表するゴーゴリ『外套・鼻』を読みます。

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた…写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満ちた『外套』。ゴーゴリ(1809‐1852)の名翻訳者として知られる平井肇(1896‐1946)の訳文は、ゴーゴリの魅力を伝えてやまない。


○課題図書:『外套・鼻』ゴーゴリ岩波文庫
○日 時:2023年2月19日(日)10:00-12:00
○場 所:別府市鉄輪ここちカフェむすびの
ファシリテーター:シミズ
○参加費:¥1,300円(運営費、むすびのさん特製のメニュー含む)
○定 員:12名程度(要事前申し込み、先着順)
○備 考:課題本を事前に読んで参加してください。
      2/16木までにお申込みください。

 

お申し込みはホームページから

kannawanoasa.jimdofree.com

汗牛充棟

 



 

 

汗牛充棟コトバンクより)

本が非常に多いことのたとえ。

[使用例] その原書の由来と説明とは、いわゆるファウスト文献、一層広く言えばギョオテ文献があって、その汗牛充棟ただならざる中にいくらでもある[森鷗外*訳本ファウストについて|1913]

[使用例] 小杉未醒が当時雑誌や単行本で「かきまくった」ものの数は、汗牛充棟もただならないとよくいう、正に今これをぞっくりと目の前に積まれれば、驚くべき嵩になるだろう[木村荘八*小杉放庵|1949]

[使用例] そのようなわけだから、私は汗牛充棟の読書論に、さらに新たな論を加えようとは思わないし、いまさら加えるべき何ものも持ち合わせていない[森本哲郎*読書の旅|1981]

[解説] 出で久く根ね達たつ郎ろうさんの直木賞受賞作「佃島ふたり書房」に、「汗牛書房」という古本屋が出てきます。汗をかいた牛、という店名は奇妙ですが、これは「汗牛充棟」から来ています。


 唐代の柳りゅう宗そう元げんの文章「陸文通先生墓表」にあります。「歴史書『春秋』に関する書物は世間に多く、積み上げれば建物を満たし(充棟)、荷車に乗せれば、牛馬が汗まみれで引いていく(汗牛)」。


 ここから、「汗牛充棟」は「あるテーマについて書いた本が、世に満ちあふれている」という意味で使われます。例文の[訳本ファウストについて][読書の旅]はその意味で解釈できます。


 また、例文の[小杉放庵]にあるように、「著作が多い」という意味、あるいは、「蔵書の数が多い」という意味でも使われます。冒頭の「汗牛書房」は、たくさん本がある書店という意味です。


 「汗牛充棟」という漢字から、汗まみれの牛の群れが建物の中に犇ひしめいている、異様な光景を連想する人がいます。もちろん、これは誤った理解です。

 

 

 

2023.1.23-29

月曜日

極寒のなか、こどもたちと走り回った。

 

 

火曜日

十年に一度の大寒波到来。

大雪。地面が凍る。怖い。

子どもたちは大喜び。

深夜までサイレンが鳴り続ける。

静寂のおとずれ。

ひたひたと雪が降る。

 

 

水曜日

極寒

昨晩の強風が台風一過のようで、空が澄み渡った。

寒いけど気持ちいい。

どこまでも走る。

 

 

木曜日

今日も極寒。

鍋と温泉がおいしい。

どちらも染みわたる。

 

 

金曜日

書における四宝。

筆、紙、墨、硯。

 

最近気に入った書道具店を見つけて、

立ち寄ってそれぞれをながめてみる至福の時を得る。

 

四宝と人の技と心が奏でる芸術。

一式セットで買った硯がプラ製でしょぼかったので、

羅紋硯という安価だが石でできた硯を購入した。

楕円形が味わい深い。

 

 

 

書をする友人に話を聞けば、墨をすることに愉楽を見る人と

墨汁でもOK、その分書く時間にあてようという人に分かれる。

 

 

石川九楊氏はこう語る

液体墨や墨汁は基本的に使ってはいけません。墨をするのが面倒だとか、時間がないという人は、書をやめたほうがよいでしょう。なぜなら、墨をすりながら書の構想を練ることとは別に、墨と硯面の接触感覚を味わうことがすなわち筆と紙の接触感覚を研ぎ澄ますことにもなるからです「書ほど楽しいものはない」

 

 

 

土曜日

書は筆が違えば、紙が違えば、墨が違えば、全く別物として感じられてしまう。

適切な筆を選ぶためには、適切な紙と墨がいる。

適切な紙を選ぶためには、適切な筆と墨がいる。

適切な墨を選ぶためには、適切な紙と筆がいる。

すべては適切な関係性の中でしか判断できないことに気づいた。

 

 

日曜日

別府鉄輪朝読書ノ会の日。

寒いのに多くの方がわざわざ鉄輪まで集まってくれる。

感謝。

 

今日みなさんと読んだのはブローティガン『愛のゆくえ』

わたしもブローティガンの夢想した図書館のようなものを、

この地上に作りたいのだ。文字の上であれ、世界と拮抗する力をもった。

 

 

 

瞑想のなかに平和がある。瞑想自体がその動きだ。それは発見されるべき目的地ではない。思考とか言葉によって組み立てられたものではない。瞑想の行為が知性だ。瞑想は、あなたがこれまで教えられてきたことや、経験してきたことではない。学んだり経験してきたことを捨てるのが瞑想だ。経験する者から自由になることが瞑想だ。

 

クリシュナムルティの日記』J・クリシュナムルティ

 

 

 

書と瞑想を近づけたいと思う今日このごろ。

あるいはクリシュナムルティの「瞑想」という言葉を「書」に置き換えてみる試み。

 

いくつ年を重ねてもあたらしい発見があり、見たことのない地平を見られるというのは

どんなに素晴らしいことだろうか。生きていてこれ以上のことはない。

 

 

 

 

【開催報告】別府鉄輪朝読書ノ会 1.29『愛のゆくえ』

 

 

 

今、この仕事ができるのはアメリカ広しといえどもわたしひとりきりだろう。そしてそれが今わたしのしていることなのだ。ここでの仕事が終わったあとは、なにかほかのことを探すつもりだ。未来にはたくさんのことが私を待ちかまえていると信じている。

 

 

 

ああ、けがれのない愛は、たんに大きくなる肉体的状況であって、わたしたちのキスのようにはいかない。

 

 

『愛のゆくえ』リチャード・ブローティガン

 

 

正確には1月9日…

 

 

 

今年明けて初の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。

今回も多くの方が参加していただき、アメリカや北九州からも来ていただきました。

 

 

今回みなさんと読んだのはリチャード・ブローティガンの『愛のゆくえ』

1960年代のアメリカの空気を色濃く反映しながらも、

その現実感のなさに戸惑う方も多く、違和感や「わからない」を下敷きに、

みなさんと感想を読み交わし合いました。

 

 

読みながらこの人死ぬんじゃないのかと感じたり、

生きる気持ちを感じられなかったりして、

作品の明るさとは裏腹に始終つきまとう「死の影」を語る方もいました。

 

最後書くことによって生を狭める作家とそうでない作家がいるという興味深い指摘もありました。まだまだ語りたかったですが、時間切れとなってしまいました。

 

私はこの作品に描かれているようなユートピアとしての図書館のような場所を

読書会などを通じて、つくりたいのかもしれないと思いました。

 

文学は実用的にも現実に拮抗しうる武器になるでしょう。

 

今日のむすびのさんの特製メニューは作中にも出てくるシーザーサラダ、

メキシコのトルティータ、芽キャベツ、ライムのスープでした。

たいへん美味しかったです。ありがとうございました。

 

 

ご参加ありがとうございました。

次回2月はロシア文学ゴーゴリ『外套・鼻』を読んでいきます。

またお会いしましょう。

 

 

 

 

 

漂流教室

 

2013

 

 

 

涙の兆しはないが、景色からあふれてくるものに浸されている気がした。通夜の客に姿を変えて、故郷というものがあふれてくる、と思えた。

『鳥を探しに』平出隆

 

 

 

 

メカスは、自分にとってワールド・トレードセンターとは、北斎にとっての富士山のようなものだったと書いている。佐々木敦

 

 

 

 

私にとってたとえそれがどのような旅であろうとそれはいつも北へ向かってゆくものなのだ。間章

 

 

 

2023.1.16-22

月曜日

こどもたちおとなたち。

葛藤せよ。没我せよ。

 

 

「短い一生で心魅かれることに 多くは出合わない もし 見つけたら 大切に 大切に。。。」

星野道夫

 

 

 

火曜日

阪神淡路大震災。1995年

新聞配達から帰ってきた、食堂にあったテレビから地震の震度を伝えるニュース。東京からは遠かったし受験も近く、それどころではなかったけど、あの朝のことは今でもはっきり覚えていて、続いてオウムの地下鉄サリン事件とか、自分の楽しい大学生活の始まりとか、とにかくそれでも時代は「強く」しなやかさがあったと思う。

 

 

水曜日

墨で筆を使って書の真似事をするだけで、

普段のボールペンで書くときにも紙とペンが触れるときの意識の変化が生じる。

韓氏意拳の光岡氏が「先端が大事である」と言っていたのを思い出す。

 

 

 

木曜日

職人が教えるということをせず、見て覚えろというのは、「気付き」こそが唯一の変容あるいは成長を促すものだと経験的に知っているから。

子供と接していても、それは痛感する。

教えることの無力感というと大袈裟だが、本人自身が「ハッ!」とする驚きやショック以上に行動を意識を変えられるものはない。

それはある部分では自分の「死」であり、次の自分への脱皮なのだ。

 

それを促していくという意味では、哲学対話やこども哲学以外の場面でも、

私はファシリテーター(調整薬)であり続ける必要があるのではないか。

 

 

金曜日

メガネにながらくズレを感じていて、思い切ってメガネ屋で調整してもらったら見やすくなった。プロの手際の良さが潔く気持ちよかった。

 

 

土曜日

夜更けに見るプレミアリーグ

ブライトンの三苫、鮮やかなスーパーシュートを決め、夜中におもわず絶唱していまう。チョン・テセの声が素晴らしく、解説を聞くのが心地よい。引退後にもこうして呼ばれて仕事があるのがいい。

 

 

日曜日

相国寺金閣銀閣の名宝展最終日にOPAM(大分県立美術館)へ。

利休の簡潔で力強い書と楕円に押し潰れた竹掛花入れの精神性に胸打たれた。

岩澤重夫の金閣寺客殿障壁画も素晴らしかった。

 

 

 

 

 

 

夜は保坂和志氏の小説的思考塾をオンラインで視聴する。

 

小説の自由とは、分かることの外へ出ること

鳴り続けるメロディがあればいい。そこに肉声が出てくる

絵本にさつじんや事件は出てこないけど、面白いではないか

誤解から独創性が生まれる

人はなぜ宇宙のことがこんなに分かるかというと、

分かることしか分かっていないから。

 

 


雨が降り始めた。

いい夜が待っている。

 

 

 

 

Nagasaki , 2010

 

 

 

意拳は実際の組討の中で、往々にして「只一下(ただ一撃)」で戦いを終える。この意拳の奇異な現象を、多くの人は「奪力一摶(すべての力を振り絞って殴りかかる)」、「孤注一擲(すべて運に任せて一息に勝負に出る)」などと理解し、甚だしきに至っては「瘋狗精神(狂犬精神)」などと言う者までいる。実に、無知の極みである。ただ意拳がこのような現象を生じるのは、意拳がすでに判断式の偶然性の結果から、完備式の必然性の結果に入っているためである。

『韓氏意拳』「意拳の価値」韓競辰

 

 

 

 

2022.1.9-15

月曜日

毎年年賀状のやりとりをしていたかつての職場の同僚からのが今年はなかった。

心配ではあるが、年賀状以外の連絡の取り方しか知らないので、また来年を待つ。

 

 

火曜日

こどもたちと書道してからは、折あれば書道道具を出して墨で字を書いたりしている。

長らく石川九揚氏のファンで見る専だったが、

スキーが夏に水泳が冬に上手くなるように、

眠っている間に上達の芽が生えていたらしい。

 

游という字を何度も書いていたら、「子」という字が入っていたことに気づいて、

とても気に入った。

 

 

 

 

水曜日

等身大の自分と出会うというのはある種の苦痛であり、

また成長の起点でもあり、幼年期の終わりでもあるが、

それが回避できてしまう環境にいると、そこに留まり続けるこどももいる。

大人でもそういう人がいるだろう。

 

学校は、否が応でも自分の等身大と向き合わなければならない環境であるだろう。

つまり、他人との比較を通して。

自他共に否定できない等身大の自分を、むきだしの自分を見せつけられる。

そのうえで意気消沈するのか、目を背けるのか、果敢に火を付けていくのか。

 

 

 

木曜日

対立する意見があり、

どちらか(わたしの側)が正しいから従わせるということではなく、

100%白黒つかないことは、双方の意見を尊重する、これが大前提。

自分に都合の悪い情報は無意識に捨象してしまって、

歪めた「現実」を「信じる」ことは知性でも対話的でもない。

知性は自分の正しさを論証するうちにはなく、

自分はもしかして間違っているのではないのかという問いとともにある。

 

 

 

金曜日

コロナ茶番という言葉がトレンドにあがっていたが、

政府(戦争)というのはそもそもが茶番でしかあり得ないというのが、

文学的常識ではないのか。

 

 

土曜日

雨の音を久しぶりに聴く。

あたたかい。

 

 

日曜日

目覚めたら、高橋幸宏の訃報に触れる。

YMOのなかでの彼の立ち位置は私のある精神の形をもたらした。

20年以上前になるが、吉祥寺のパルコにユキヒロタカハシコレクションの服が

置いてあって、痩躯の私のサイズ感に合う細身のデザインが多く、買い求めた。

社会に余白や弾力性がたくさんあった、いい時代だったと思う。

そのような象徴としてもわたしの中の彼等はあり、その一角が亡くなったことに

無量の寂寞を感じた。こういうのを友と呼ぶのではないのか。

さようなら。

 

 

明日鳥好きの少女と物語の創作をする。

 

 

神域一帯が野鳥の森とされていた。しかし、一羽の野鳥も目の前を過ぎないことに、私はいっこうに不審を抱かず、むしろいっそう、そこが野鳥の森であることを感じていた。

『鳥を探しに』平出隆

 

 

 

複数の窓、窓から窓へ

 

 

Atami , 2006

 

 

するとそのとき、こういったさまざまの文学的関心とはまるで別のところで、それとはまったく関係なしに、突然、一つの屋根、一個の石の上にきらりと光る太陽の光、ある道から立ち上がる香りが、特別な喜びを与えて、私の足をとめさせるのだった。

 

失われた時を求めて 1 』マルセル・プルースト 鈴木道彦訳

 

 

 

 

2023.1.2-8

月曜日

2023年。真新しい日。

清く、澄んだ空がずっとつづいた。

 

 

火曜日

積ん読本を静かに読んでいく日日。

吉増剛造『詩とは何か』

今福龍太『ヘンリーソロー 野生の学舎』

町田康『告白』など

 

 

水曜日

4日にもなると、正月の感じが消えて、世間が動き出している。

年始の清らかな感じがなくなるのだと思うと、なんとも悲しい。

 

 

木曜日

うかりゆ初め。

今日から再開に再会。

こどもたちと会うのが嬉しい。

 

会社勤めの時の年明けの勤務始めは苦しさしかなかったが、

いまは喜ばしい。

いまの時代はどういうマインドで働いているのかが、全てだと思う。

 

 

書き初めをする。

墨を擦る音が心を鎮めるマインドフルネスのよう。

筆触のすばらしさ。

久しぶりの書。

見る専だったので。

筆を入れる力、筆の速度、墨の量、書かれる文字、紙と筆の無限なる複雑系

見るのとやってみるのと大きな違い。

書くことは楽しい。

お香を焚くように書をしたい。、

 

 

 

金曜日

ソーシャルワーカーの方と話をする。

こことここを繋げると社会がスムーズになっていくというのはたくさんあると思う。

その間に立つ人の重要性。

 

 

フーコーの私の仕事は壁のある場所に窓を取り付けることだ、という言葉を気に入っている。

 

 

土曜日

ふたたびの連休。

本を読む。

ともだちの私的なラジオを聴く。

引っ越すことは死ぬことに近いとの言葉。

確かに。

引っ越しの時に荷物を整理し、何物(者)かを廃棄し、

新たなる場所へ向かう。

それは確かにひとつの死のような体験であろう。

わたしはミニマリズムにある理や効果を認めつつも、

それが苦しいと感じることがあるのは、、

たぶん捨てるということが、死のような体験だからと思う。

転々と住む場所を移していったユダヤ人は、

ある決まった愛着のある家具だけはずっと持ち続けたという話。

 

 

 

日曜日

礼服をつくる。

 

 

キャンプやサウナブームの精神とソローには通底するものを感じる。

そこには沈黙や静寂がある。外界と精神の両方がかさなる。

焚き火のはぜる音やスチームのたちのぼる音。

 

 

 

音は沈黙が発するかすかな声であり、沈黙によって引き立てられたときだけ私たちの耳にとって心地よいものとなる。ソロー