対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3-3

 

 

 

 

そもそも職業とは誰かのニーズがあり、そのニーズに応えて成立するもの。アートには、もともとニーズがない。自発的に想いをカタチにしているだけ。だから職業となじまない。しかし、ごくまれに職業として成立してしまう者が現れる。ここが、幻想を生む原因だ。では、これを、どう考えれば良いか。

 

アーティストとして生きること 宮島達男

 

 

 

 

次のスポットは自然の造りだした「行者洞穴」へ。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210506141154j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141244j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141319j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141404j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141714j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141759j:plain

 

 

波で浸食されてできた洞穴群。

ここがなぜ祈りの場、修行の場になったのだろうか、とか

どこまでが自然でどこまでが人工なのか、とか

さっき見た美術館との相関関係など浮かんできた問いは

後から集まって対話の題材としました。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210506141844j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506141918j:plain

 

浸食されるということは、ここが境界であるということ。

海と陸の、波打ち際の。

潮に常時晒されてつねに洗われて浄められているとも言える。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210506142005j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506142050j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506142134j:plain

 

 

今の時期は夕陽が岩間のスリットから射し込む。

光線が倍加され、これを世界の開闢と感じることもできる。

子宮から生まれ出るときの眩い光とも。

何度でも生まれ直すことができる。

個と宇宙。そんなことを話しました。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210506142240j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506142320j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506142409j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506142448j:plain

 

岩場に打ち寄せる波は反響して反響して、

金属質の音のシャワーを絶え間なく浴びた。

 

f:id:kannawadokusho:20210506161931j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506162011j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506162208j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506162517j:plain

f:id:kannawadokusho:20210506162246j:plain






行者洞穴を見終わった後、ちかくの浜辺に移動し、

ひまわりのオブジェの下で対話をしました。

 

最初の石仏から不均質な自然と人の美術館、そして行者洞穴で体感したことを

言葉にしていきます。

 

対話型鑑賞においては「どこからそう思う?」という問いかけが重要になってきますが

その根拠を語るのはなかなか難しかったりもします。

 

対話の間、間に聞こえる渚の音が心地よく、自然と同期するようなリズムで

話し聴き考える事ができたのは屋外ならではの体験でしたね。

 

 

次のスポットへ、つづく。

 

 

 

【開催報告】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3-2

 

 

 

この生き方、絵描きに限らない。評価されるされないに関わらず、自分が良いと思える事を人と比べず追求する。そんな人はもうすでに本物のアーティスト。そう、実は、アートは絵描きだけの専売特許ではない。誰もがアーティストになれる。Art in You

 

アーティストとして生きること 宮島達男

 

 

 

2番目のスポット、長崎鼻へと向かった。

長崎鼻は長崎ではなく、国東半島の北端に位置する花とアートの岬である。

ここのお目当ての一つ、

「不均質な自然と人の美術館」に参加者のみなさんと入っていった。

外の汚れをなかに入れないためか、靴を脱いでスリッパで入場するスタイルだ。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210506205039j:plain

f:id:kannawadokusho:20210505163011j:plain

美術館は3つの部屋に分かれていて、ここは「太陽と月の部屋」と呼ばれている

f:id:kannawadokusho:20210505163350j:plain

f:id:kannawadokusho:20210505163421j:plain

f:id:kannawadokusho:20210505163449j:plain

天井の円形パネルが私たちの動きに合わせて一定のリズムでゆるやかに開閉する。完全に閉じられていても真っ暗になることはない。瞑想をうながすような音楽が流れている。居心地が良く時間が経つのを忘れた。

 

f:id:kannawadokusho:20210505163807j:plain

絶妙なタイムラグのなかで天井から射し込む光線が私についてくるのが面白くてうろうろ歩きまわった

f:id:kannawadokusho:20210505163954j:plain

 

村上春樹の井戸に射し込む光線を思い出したり、月食時に現れる無数の月の影を思い出したり。スリットを通して射し込む強烈な光線は人を魅了する。光線を可視化するためスモッグかミストのようなものが焚かれていた。

 

f:id:kannawadokusho:20210505164034j:plain

 

 

 

「太陽と月の部屋」は、自然光とインタラクティブに触れ合うよう設計された作品です。部屋の上部に設置された窓は自然光が射し込みやすい角度になるよう設計されています。窓は自動で開閉する288個の小窓で覆われており、それぞれピアノの音に合わせて開閉します。

もし床に日なたが射し込んでいたら、その日なたを踏んでみて下さい。すると、今度は日なたがあなたについてきてくれます。この部屋で演奏されているピアノ曲は自然やあなたの身体の動きに呼応して演奏され常に変化し続けます。

 

不均質な自然と人の美術館 ホームページより

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210505164252j:plain

次の間は「海の部屋」と呼ばれていた。さきほどの光の横溢する場所とは一転して暗闇の部屋で目が慣れるまで虚空をつかむようにして歩く。シャワーのような水滴が絶えず落ちている。そこに光が線となった水滴をスクリーンとして高速で現れる。この光の動きと自分の動きがどう連動しているのかは分からなかった。原初の海にふりそそぐ雨をイメージしているのだろうか。この水滴を直接触ることができる。学校の水泳前に浴びるきつい当たり方をするシャワーを思い出したりもした。

f:id:kannawadokusho:20210505164405j:plain

f:id:kannawadokusho:20210505164512j:plain

 

 

 

「海の部屋」は、高速で水の玉を発生させる特殊な噴水*と、超高速で発光する特殊なプロジェクターを用いた、錯視を利用した作品です。
特別な方法で水の玉にプロジェクション・マッピングを行うことで、水の玉が空中に浮かび、自由に動き回っているように見える不思議な体験を演出しました。浮かんでいるように見える水の玉は、触れようとするとインタラクティブに反応してくれます。
演出は、潮位情報や天気の情報を元にゆるやかに変化しています。

 

 不均質な自然と人の美術館 ホームページより

 

 

 

最後は、森の部屋。

f:id:kannawadokusho:20210505164735j:plain

円形の壁一面にアメーバのようなイメージが消えたり浮かんだりしている。それがこちらの動きとどう連動しているかはわからないけど、ついてきている感じもして、壁を触ったり、なんだかやっぱりうろうろした。床が平坦なリノリウムではなくて国東の土だったら良かったのにと思ったりもした。



f:id:kannawadokusho:20210505164904j:plain

f:id:kannawadokusho:20210505164936j:plain

 

 

 

 

「森の部屋」は、円筒型の空間にコンピューターのアルゴリズムでアニメーションを生成・構築しているジェネラティブ・アート作品です。
アニメーションは、「ライフ・ゲーム」*をベースに、美術館の周りの風力・風向の情報も反映させたアルゴリズムに従って発生しており、作家が一枚一枚手描きでアニメーション素材を元に構成されています。
独自に設計・製作された2基の回転型超指向性スピーカー**は、あなたの立つ位置によって動きが変化します。

 

不均質な自然と人の美術館 ホームページより

 

 

 

 

ここにはホームページの説明書きを載せたけれど、

対話型鑑賞あるいはヴィジュアル・シンキング・ストラテジーズでは、

解説文やキャプションに載っている情報に頼らずに考えることが大事である。

だから冊子やパンフレットを読んだり検索したりすることを禁じさせてもらいました。

 

学術的な鑑賞とはまた別で、「あなたなりの見方をしてみよう」ということ。

作品と〈コミュニケーションする〉ということ。そこに〈正解〉はない。

作品は私たちに「答え」ではなく、「問い」を投げかける。

 

 

一通り参加者と美術館を巡った(体験した)後、

それぞれに思いを抱えながら、この人工物とは一転して、

ここから歩いて3分くらいのところにある自然の形作る場所へと足を運んだ。

 

 

つづく。

 

 

 

 

【開催報告】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3-1

 

 

 

アートは職業になじまない。むしろ、アーティストは生き方である。そうした生き方と思い定めれば、自由になれる。うまいへた。評価されたされない。売れた売れない。人と比べない。楽しいから描いていた頃。そして見てくれた人に喜んでもらえたことが幸せだったあの頃。人の評価でなく、自分が良いと本当に思えるものができたときの喜び。それが本当の自由。

 

アーティストとして生きること 宮島達男

 

 

 

抜けるようにどこまでも広がる国東半島五月の空。

すばらしい天候のなか、「アートで哲学カフェ in 国東半島」を開催しました。

告知が急だったこともあり人が集まるか心配でしたが、

最終的には5名で開催することができました。ありがとうございました。

 

 

アートで哲学カフェは初めての試みでした。

以前読んだ『教えない授業』鈴木有紀(英治出版)という本に感銘を受けた僕は、

いつしかアート鑑賞と対話を結びつけた、〈対話型鑑賞〉を実践してみたいと

考えていました。

このコロナ渦のなか、室内での対話はなかなか難しい面もあるので、

思い切って外に出て他人の考えを聴き、自分の考えを話す機会をつくりました。

 

そして大分・別府から参加者を車に乗せつつ、道に迷いつつ、、

第一ポイントの千燈石仏に辿りつきました。

事前に検索されて参加者に予備知識として調べられるのを避けたいため、

目的地は僕の頭の中だけにありました。

今回は検索エンジンから離れるというのも裏テーマとしました。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210504175345j:plain

国東半島の風景、国見町千燈

f:id:kannawadokusho:20210504175934j:plain

看板は幾つかあるのに目的地になかなか辿り着けないというカフカ現象。こういう状況を楽しめるかどうか。参加者のOさんが第一村人の方に話しかけて場所を教えていただきました。

 

f:id:kannawadokusho:20210504180036j:plain

国東は新緑の真っ盛り。光輝く瑞々しいペパーミント・グリーンが目に染みいった。



f:id:kannawadokusho:20210504180307j:plain

謎の祭壇



f:id:kannawadokusho:20210504180959j:plain

フェンスをくぐり抜け、少し険しい山道を昇ると石仏のための小さな御堂があった

 

ここでは前述の『教えない授業』に書かれてあった〈めかくしアートツアー〉、

(ブラインドトーク)を使って対話型鑑賞をしました。

 

 

「みる」ことの意義や、さらに自分のみたことを言葉にして他者と共有することの意義について考えるワークショップ。二人一組でペアを作り、一人が目隠しをして、もう一人は作品について言葉で説明をします。みえていない人に、その作品をイメージしやすいよう、みえているものを言語化して伝えるという作業は、やってみるとなかなか難しく、楽しくもあります。

 

最初は一方通行だった「説明」が、回数を重ねるごとに、目隠しをした側から「色はどうなっているの?」といった質問が出るなど、双方向の「話し合い」に変化していきます。そしてお互いに「聴き合い、確認し合う」ことで、より実際の作品像に近づいていけることに気づいていきます。

 

『教えない授業』鈴木有紀

 

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210504181156j:plain

参加者は目隠しをして石仏の前に座し、目隠しをしていない人がその石仏を説明した。目隠しをされている人は想像力をふくらませ、説明する人はなんとか正確に伝えようとよく見て、言葉を選んだ。目隠しをされている者は、説明者に質問をして、想像を現物と近づける

 

 

f:id:kannawadokusho:20210504181416j:plain

一通り説明が終わった後で、目隠しを外す。想像通りだった方、想像と違った方、さまざまな反応があった。というか思ったより彫りが不鮮明で対象が見えづらく対話の材料としてどうだったのかといいう反省もあり。。ただ時間をかけて見るといろんなものが顕わになってくるという面白さもあった。

 

阿弥陀二十五菩薩来迎図石仏。僕は個人的にこの石仏が大好きなのであった。

 

 

詳細にレリーフを観察すれば、石板の右下方に屋形があって、中に念仏行者が合掌しているのがわかる。(右画像)

この念仏行者に全ての菩薩が体・顔を向けている。
中央には、阿弥陀如来の下生印座像(仏様のつくる手の形で、下生(げしょう)とは、右手が胸、左手ひざ。親指と薬指で輪を造る形。)があり、これを取りまく二十五菩薩(観世音菩薩・薬王菩薩・大勢至菩薩・薬上菩薩・普賢菩薩・陀羅尼菩薩・法自在王菩薩・白象王菩薩・虚空蔵菩薩・徳蔵菩薩・宝蔵菩薩・金蔵菩薩・光明王菩薩・山海恵菩薩・金剛蔵菩薩・華厳菩薩・日照王菩薩・衆宝王菩薩・月光王菩薩・三昧菩薩・獅子吼菩薩・大威徳菩薩・定自在王菩薩・大自在王菩薩・無辺身菩薩)、前面に蓮花を捧げ持った観音菩薩と合掌し新生を讃歌する勢至菩薩、左には奏楽や舞踏、合掌の菩薩群が来迎(らいごう、浄土宗ではらいこう。仏教中の浄土教において、紫雲に乗った阿弥陀如来が、臨終に際した往生者を極楽浄土に迎える為に、観音菩薩勢至菩薩を脇侍に従え、諸菩薩や天人を引き連れてやってくること。また、その様子を描いた図様を来迎図(らいごうず)という。)している。

左上に不動明王、右に多聞天がこれら菩薩を守護するように配置されている。

 

千燈石仏HPより

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210504181707j:plain

訪問者は少ないのか、説明書きが苔むしていた

f:id:kannawadokusho:20210504181801j:plain

周囲にはこれはこれで遺産となりうるような石仏が無造作に置かれていた

f:id:kannawadokusho:20210504181928j:plain




終了後、次の目的地国東半島の北端長崎鼻へ向かいました。

 


次に続く。









 

【開催案内】別府鉄輪朝読書ノ会 5.30

f:id:kannawadokusho:20210427164543j:plain

苦海浄土石牟礼道子講談社文庫)

 

 

こんにちは、主催者のシミズです。五月の別府鉄輪朝読書ノ会の案内です。GWは特に外出しないという方、普段読まないような「大きな」作品と向き合ってみる絶好の機会かもしれません。


会場のコロナ対策については消毒液の準備や常時換気などで対応をしています。マスクは各自でご準備ください。参加を希望される方はこのメールへの返信で構いませんのでお申込みください。文学の知識は不要です。聴くだけの参加でも構いませんよ♪

 

 

◆「別府鉄輪朝読書ノ会 5.30」
五月はお隣熊本を代表する作家 石牟礼道子の『苦海浄土をとりあげます。読むと沈黙を強いられるような作品ですが、挑戦したいと思います。

内容(「BOOK」データベースより)
工場廃水の水銀が引き起こした文明の病・水俣病この地に育った著者は、患者とその家族の苦しみを自らのものとして、壮絶かつ清冽な記録を綴った。本作は、世に出て三十数年を経たいまなお、極限状況にあっても輝きを失わない人間の尊厳を訴えてやまない。末永く読み継がれるべき“いのちの文学”の新装版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石牟礼道子
1927年、熊本県天草郡に生まれる。’69年、『苦海浄土を刊行、水俣病の現実を伝え、魂の文学として描き出した作品として絶賛される。’70年、第1回大宅壮一賞に選ばれるが受賞辞退。’73年、マグサイサイ賞受賞。’93年、『十六夜橋』(ちくま文庫)紫式部文学賞受賞。2002年、朝日賞受賞。同年、新作能不知火」を発表。’03年、『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』(石風社)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

○課題図書:苦海浄土石牟礼道子講談社文庫)
○日 時:5月30日(日)10:00-12:00
○場 所:別府市鉄輪ここちカフェむすびの
ファシリテーター:シミズ
○参加費:¥1,200円(運営費、むすびのさん特製の軽食、ドリンク代含む)
○定 員:10名程度(要事前申し込み、先着順)
○備 考:課題本を事前に読んで参加してください。
 
参加希望者は以下のホームページよりお申し込みください。
 

【開催報告】悩める教師のためのオンライン読書会 4.29

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210502120945j:plain





悩める教師のためのオンライン読書会を開催しました。

今回は「ケーキの切れない非行少年たち」宮口幸治(新潮新書)を課題図書とし、

参加者のみなさまと読んでいきました。

 

 

旭川の事件も加害者側のケアはどうなっているんだろうとか、

教育の敗北であるとか、私自身読んで反省したといった意見から、

発達障害などは医者や心理士ではない教師が対応するのは、

範疇外なのではといった意見も。

 

 

公教育の教師を辞められて塾の先生をしているAさんは、

現在1対1の個別指導をしていて、ともに生徒と向き合い考える事が出来ているが、

学校の現場ではとうていできなかったと。

 

 

この本の121ページには、

褒める教育だけでは問題は解決しないという章があり、

褒めるは評価でしかなく、また褒める者と褒められる者という上下関係を

作ってしまうので限界があるとも。

 

 

哲学カフェが学校で導入されづらいのは、教師と生徒がフラットな関係になっては

困るからという話もありました。

 

 

結局のところ、教育が画一化されてしまって、

世の中のギャップが広がるばかりで、

自分がしたくないことをしなくていけない環境では未来がない。

誰か成功者の真似をするのではなく、自分を深く掘り下げることで

初めて未来が見えてくる。

 

 

既存の教育がもっている固定観念を崩すのに苦労されている方もいますが、

それがいつか実られんことを願うばかりです。

今日も楽しい対話をありがとうございました。

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210502121015j:plain

 

【開催案内】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3

f:id:kannawadokusho:20210427104126j:plain

国東の風景

 

 

こんにちは。ファシリテーターのシミズです。GWの予定は決まっていますか?今日は新しい企画〈アートで哲学カフェ〉のご案内をいたします。

通常の哲学カフェは室内にて開催されることが主だと思いますが、このコロナ渦のなか、室内にて対話するのが難しいということもあり、外に出て哲学対話することはできないだろうかと以前から模索していました。

 
今回目指す場所は国東半島。国東は芸術祭が行われたこともあり、現代アートと歴史的遺物がいろんな場所で交差している場所です。幾つかのポイントを巡り、哲学カフェ+ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(対話型鑑賞)という手法を用いながら、参加者のみなさんとアートを楽しみ、対話したいと考えています。

GWシーズンの一番良い季節に国東半島を歩き、アートに触れ、問い、考えてみませんか。哲学の知識は必要ありません。お気軽にご参加ください。


◎巡る場所は以下のサイトの幾つかの場所をメインで、しかも当日の思いつきで回ります。途中でお時間のない方は自由に解散されても構いません。
https://casabrutus.com/travel/178940/4
 

***
【当日の会の流れ】
①大分の空むさしに集合。受付。

②アート会場に向かい現地で鑑賞します。基本サイレント・ウォークです。

③鑑賞後、哲学カフェとヴィジュアル・シンキング・ストラテジーの手法を用い、1時間ほど対話していきます。

④別のアートポイントに向かい鑑賞します。以下②③を繰り返します。

⑤現地解散、終了です。
 



-----
○日 時:5月3日(月)13:30-18:30くらい  ※雨天決行・現地自由解散
○集合場所:大分空港傍の大分の空むさし(旧里の駅むさし)
〒873-0421 大分県国東市武蔵町糸原3550 ※お車がない方はご相談ください。
○企 画:ファシリテーター:シミズ「対話と人と読書」
○参加費:¥1,000円(お子様は無料)別途美術館入場料700円
○定 員:約15名程度(要事前申し込み、先着順)

 
参加希望者は以下のホームページよりお申し込みください。
 

【開催報告】第五十九回 別府鉄輪朝読書ノ会 4.25『こころ』夏目漱石

 

 

 

 

私の胸はその悲しさのために、どの位寛いだか知れません。苦痛と恐怖でぐいと握り締められた私の心に、一滴の潤を与えてくれたものは、その時の悲しさでした。

 

『こころ』夏目漱石

 

 

  

この読書会も5周年を迎えました。

ここまで続けてこられたのも、みなさまのおかげです。

いつもありがとうございます。

 

f:id:kannawadokusho:20210425195737j:plain

祝・5周年ということでここちカフェむすびのさんよりお花をいただきました。

 

 

今回とりあげた作品は夏目漱石の『こころ』。

5年前、第一回で最初にとりあげた作品も『こころ』でした。

その頃とは参加者の顔ぶれもだいぶ変わったこともあり、再度とりあげてみました。

 

前回の様子

【開催風景】第一回 別府鉄輪朝読書ノ会 - 対話と人と読書|哲学カフェ大分

課題図書の紹介:夏目漱石『こころ』 - 対話と人と読書|哲学カフェ大分

 

 

学生時代に読んで、改めて再読して、初めて読むように新鮮な発見があったという

感想が多く聴かれました。 

 

非常に多義的に読める作品なので話が尽きず、

読む者に成熟があれば、作品もともに成熟していくような小説だと思いました。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210425195919j:plain

花言葉でイメージしたドリンク

林檎(後悔)、李(疑惑)のスムージー

 

 

f:id:kannawadokusho:20210425200049j:plain

こちらも花言葉でイメージした軽食

 

アスパラ(耐える恋)、椎茸(疑い)、パセリ(死の前兆・不和)、玉葱(不死)、

レタス(冷淡)、とろろ(悲しい思い出)

 

 

f:id:kannawadokusho:20210425200203j:plain

いつもここちカフェむすびのさんを貸し切って開催しています。今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご参加ありがとうございました。

これからもこの読書会はこつこつと続けていきたいと思います。

 

 

次回はお隣熊本を代表する作家、石牟礼道子の『苦海浄土』(講談社文庫)を

とりあげて、みなさんと読んでいきます。