対話と人と読書|別府フリースクールうかりゆハウス

別府市鉄輪でフリースクールを運営しています。また「こども哲学の時間」など

【開催報告】第七十二回 別府鉄輪朝読書ノ会 5.29

 

 

 

あの朝に感じためまいにも似た感覚は、ずっと昔、小学校から帰るときに経験したのとおなじものだが、自分のもっともな思い出のひとつになっている。あれはいったい何だったのだろう?女の先生がぼんやりした様子で、ほら、そよ風よ、あれが見えないの?と言ったのだ。それから八十年後、デルガディーナのベッドで目を覚ましたときに、同じ感覚を抱いた。

 

『わが悲しき娼婦たちの思い出』G・ガルシア=マルケス

 

 

 

 

五月の梅雨前の季節。

別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。

 

今回とりあげたのは、世界文学に残る作品を書き続けたガルシア=マルケスの遺作

『わが悲しき娼婦たちの思い出』

 

老いの問題を前に、自ら死を選ぶ人が多いなかで、

文学は老いることの豊かさ、歓びを指し示す。

大いなるイリュージョンを愛した作家が最後に描いた老境の世界に、

羨ましいという声が聞かれました。

 

川端康成の『眠れる美女』からインスピレーションを受けて書いたようですが、

その肌触りは随分と違うようでした。

 

 

死ぬまで恋をしていたい(谷川俊太郎)が生きるエネルギー

老いても会いたい人がいる人生

愛されるより愛すること

対等な人間関係があること

 

 

この日のむすびのさん提供のドリンクはコロンビアの「アグア・パネラ」と呼ばれる砂糖水に、飲みやすくレモンを加えたものでした。南米の風を感じました。

 

 

むすびのさん特製メニューは、コロンビアのレンズ豆のスープに、スパニッシュオムレツでした。たいへん美味しくいただきました。

 

 

 

 

ご参加ありがとうございました。

次回は、老いについて女性側から描いた傑作

『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子(河出文庫を読みたいと思います。

 

 

バラ vs バラ






個人的な欲望だけで築き上げた私設のバラ園を訪れる。ここまでものを造るのにどれだけの時間とエネルギーをかけたのだろうか。三十三年間かけて自身の夢想を宮殿として具現化した郵便配達夫シュヴァルを想起させる。今が見頃で5月と10月だけ一般公開しているようだ。

 

 

誰の為でもなく、ただ世界を輝かせたい為だけの場所。

世界への賛歌を信じられる場所。

 

 

 

 
 
 
今日は薔薇尽くし。大分市美術館の宮廷画家ルドゥーテの薔薇の銅版画を見に行く。
精巧な描写にアニマが宿っていた。ひろかわバラ園の香りが思い出された。
 
 
それにしても大分市美術館のロケーションは素晴らしく、
息が抜ける場所だなといつも思う。
 
 
 

 

墓を食う

 

 

 

 

 

わたしは祈る。どうか、考えるということが、まばゆく輝く主体の確立という目的だけへ向かいませんように。自己啓発本や、新自由主義が目指す、効率よく無駄なく生をこなしていく人間像への近道としてのみ、哲学が用いられませんように。

 

『水中の哲学者たち』永井玲衣

 

 

 

 

 

2022.5.16-22

月曜日

うかりゆハウスの光回線の工事をする。

今までは制限付きのポケットWiFiだったので、

今回は光回線になって快適すぎる。ストレスがない。

もっと早く工事をすれば良かった。

 

 

朝、急にメールで今日見学したいとの連絡があったので、

時間を調整して駅まで迎えに行ったが、なんの断りもなく

待てど暮らせど来なかった。すっぽかし。

ゴドーか。

名前も履歴もメールに書いてあってすっぽかせるとは。。

営業妨害の証拠として残しておく。

 

 

 

火曜日



 

 

 

水曜日

存在しない言葉を説教中に言っても気付かれない説をあるお笑い番組でやっていたが、存在しない言葉が連呼されるのを聞いていたら、これは詩のようなものかもしれないと思えた。あり得ないけど、あり得たかも知れないことばたち。あり得ない接続の火花が笑いを生む。

 

 

裸鎧的な

老婆のケジメのような武器

墓食い

アパッチの地鳴り

三半規管の悪あがき

幡ヶ谷暴動みたいなもん

ペロみたいな娘

オールドメキシカンスタイル

鍋蓋取らず

トゲってる

鬼殺し3年の気持ち

はらわたに釘

コミットネーション

ジャクソン説法

テクノカット・シンドローム

アメリカンバイク・シンドローム

アジもサバも揚げたら一緒

アバラ啜り

肋骨しゃぶり

随汁浴び

ギャルの皮剥がし

火事場から石盗むつもりで頑張る

餃子節

ゾンビ逃がし

鏡を見て背中を見ず

突貫工事日和

 

 

 

木曜日

別府市の子どもの居場所ネットワークの会議へ出席。

 

途中、ある人が「役所の会議のための会議なら私はこれから来ません。子どもの傍に一秒でも長く居たいから」との鋭い発言があった。

 

行政や政治というのは、結果がすべての世界だと思う。

イデア力、実行力、革新力、スピード力がほしい。

 

 

 

金曜日

夜、オンラインで「みかんダイアローグ」というのに参加する。

美術評論家の山本浩貴氏の語りが刺激的だった。

天地耕作の「コントロール不可能性を前景化する試み」など。

発表、公開を前提としない美術の在り方など面白かった。

 

 

 

土曜日

夜、オンラインでソーシャルカフェを開催する。

マインドフルネスをテーマに対話した。

おれにとってのマインドフルネスってどういうときだろ。

掃除かな。

 

 

日曜日

友人の紹介で、うかりゆハウスに関心をもってくれた方が見学と話し合いため訪問。

子どもさんの今までの話などずっと聞く。

話を第三者に聞いて貰う、それだけでも大きな前進だと思う。

そういう場でありたい。

 

 

【開催報告】オンライン・ソーシャルカフェ 5.21

 

オンライン・ソーシャルカフェを開催しました。

今回は「マインドフルネスって何だろう」をテーマに対話しました。

 

 

マインドフルネスが仏教由来なら、

「エンプティ(空)」とか「無」を目指すはずなのに、

なんで「フル」になっているんだろうという問いから始まりました。

 

・態度としてのマインドフルネスと流行としてのマインドフルネスは分けて考えたい

・瞑想の脱魔術化

・ヨガと違って副作用は少ないように思う

・軍隊にも使われているようだから、倫理がない

・悪い意味での自己管理術(既存のシステムに乗り続けるための)

・無力化されるためのマインドフルネスになっていないか

・社会変革する力はない

・ステータスとしてのマインドフルネスになっている

・落ち着きは大事だが、不満の火は燃やし続けていい

 

などなど。

 

高度情報化、資本主義社会を生きるにあたって、

マインドフルネスが体制の温存に寄与している面があるとの指摘が

多くありました。

 

かつてマックス・ヴェーバーという社会学者が、

プロテスタンティズムの倫理観こそが資本主義の精神に適合しているとの

指摘をしましたが、マインドフルネスもまた高度資本主義社会と

相性がいいのかもしれません。

 

 

ご参加ありがとうございました。

 

 

【開催案内】オンライン・ソーシャルカフェ 5.21

 

 

 

◆「オンライン・ソーシャルカフェ 5.21」(オンラインのみ)  

本屋に行くとマインドフルネスやキャンプ、焚き火などの書籍を多く見かけるようになりました。グーグルなどの会社がマインドフルネス瞑想を取り入れたり、日本ではサウナや温泉で整うことや一人キャンプ、焚き火がブームのようですが、これは世界を変えるより自分の認識を変える方が賢明ということなのでしょうか?マインドフルネスは現代社会に何をもたらしているのか、考えてみたいと思います。

 

 

○テーマ:マインドフルネスって、なんだろう?

○日 時:5月21日(土)20:00-21:45

○方 法:Zoomを使用します。

ファシリテーター:シミズ

○参加費:300円*paypayかamazonギフト券でお支払いください。

○定 員:約15名程度(要事前申し込み、先着順)

備 考:開催当日お昼までにお申込みください。

 

 

お申し込みフォーム

ws.formzu.net

複雑化の教育論

 

 

 

僕は子どもの複雑化を素直に喜ぶことは大人のたいせつな職務の一つだと思います。

 

複雑化は計測不能である。それがとても重要なことなんだと思います。

 

複雑化する時に起きているのは量的な変化ではありません。それは「表情の変化」「手触りの変化」「雰囲気の変化」というようなものです。表情が深くなる、声の厚みが変わる、身動きの分節が変わる。

 

 

『複雑化の教育論』内田樹東洋館出版社

 

 

 

 

自分で楽曲を作って歌うということ。それは自炊に近い。心も体もすごく楽なんです。堂本剛

 

 

 

2022.5.9-15

月曜日

ボランティアのサポートしたいという方が、うかりゆハウスを訪問してくれる。

自身の息子さんも不登校の経験者だ。

息子さんは今漫画家としてキャリアをスタートしている。

以前は家を出られなかったそうだ。

社会と自分をつなぐものが、たとえ細い糸であっても、それがあるかないかは大きいので、いろんな網目を張り巡らしておきたいと思う。

 

 

 

火曜日

うすら寒い朝

 

補助金申請のためのプレゼンをする。

長年のファシリテーションの経験がこういうときに役立ったりもする。

いろんな質問に即興的に答えていく。

営業をしていたときも、即興的に答えていくのは得意だったから、

あらかじめガチガチに準備していくよりも身体にしっくりくるのだった。

 

 

即興と準備ということで思い出したことが。

中学や高校生の頃のデートで、事前にいろんなシミュレーションを頭のなかでして、

はじめから全くその通りに進まず焦ったという経験を思い出した。

デートなど予想外しか起きないし、それが恐れるのではなく楽しもうと言いたい。

 

 

 

水曜日

ある芸人や芸能人の自死の報がつづく。

老いというものと寂しさが結びつくと虚無の方へ虚無の方へ引き込まれていくのだろうか。老いと成熟を結びつけるのは簡単ではない。若さとの対比ではななく、老いそのものなかに可能性を見出すことが各人に突きつけられている。そんなことを教えてくれる場がない。

 

鉄輪の読書会では、しばらく老いをテーマにしたものを扱おうかと思う。

 

 

 

木曜日

雨。

雨だから生徒は休む。

わたしたちも休む。

本を読む。

雨音を聴きながら。

 

 

 

「雨の木」というのは、夜なかに驟雨があると、翌日は昼すぎまでその茂りの全体から滴をしたたらせて、雨を降らせるようだから。他の木はすぐ乾いてしまうのに、指の腹くらいの小さな葉をびっしりとつけているので、その葉に水滴をためこんでいられるのよ。頭がいい木でしょう。

 

「雨の木」を聴く女たち 大江健三郎

 

 

 

 

金曜日

雨。

雨だから生徒は休む。

わたしたちも休む。

本を読む。

 

 

 

・それでもずっと考え続けて、会社として「やさしく」が大事だというのは、最初に思ったことです。みんなが望むのは「やさしい会社」です。

 

・会社が遊びより楽しい場になればいい

 

『すいません、ほぼ日の経営』糸井重里日経BP社)

 

 

 

 

 

土曜日

どういう日であったのか思い出せないが、

いくつかの荷物が届いて、またいくつかの本を注文した日だったように思う。

図書館で借りた本をパラパラと読む。

 

 

 

伊勢神宮法隆寺、どちらが生命的だろうか?

 

『ゆく川の流れは、動的平衡福岡伸一朝日新聞出版)

 

 

 

 

 

日曜日

月に一度の「こども哲学の時間」を開催する。

一回切りの唯一無二のやさしい時間が流れる。

いろんな出会いや交流も生まれた。

 

 

有吉氏のラジオ、サンデードリーマーを聴く。

お笑い芸人の正しい追悼の仕方。

泣くことと笑うことが同義であるような場所が

お笑い芸人にはあるというのが羨ましく思えた。

 

 

 

オープンマインデッドであるといういうのは、「私はあなたの話に耳を傾けますよ」という他者に対する開放的な構えであるより以前に、その人自身の中ですでに対話が始まっているということです。(略)こちらの居場所がもう用意されている。

 

『複雑化の教育論』内田樹東洋館出版社

 

 

こども哲学の時間(中高生向け)を開催しました。5.15

 

 



こども哲学の時間を開催しました。

最初にルール説明をして、それから問い出しをしました。

 

参加者のみなさんが今日問いたい問いは、

 

・こどもと大人の違いとは?

・社会人とは誰なのか?

・日本人とはどんな民族なのか?

・マナーとは何か?

・私たちは、成長し続けなければならないのか?

・大人になるために必要なこととは何か?

・なぜ働かなければならないのか?

 

 

投票の結果、

・こどもと大人の違いとは?

・大人になるために必要なこととは何か?

の2つを今日考える問い、テーマにし対話に入っていきました。

 

 

 

・「こども」というブランド枠

ブランドというには、保護されている守られているという意味合いがある

そして、それはひとつの枠だということ。大人には枠がない。無際限な選択肢=自由

 

・大人が自由とは必ずしも言えないのではないのか

仕事や人間関係など、縛られている

 

・大人であっても、こどもであっても本来自由な生き物のはず

社会の側が不自由にしているだけなのでは

 

・「大人っぽいこども」と「こどもっぽい大人」について考えたい

苦労したりすると、自分を客観視でき他者のことを意識のうちに入ってくると大人っぽいこどもになる。大人になっても夢を追いかけたり夢中になれることがあるとこどもっぽくなれる。

こどもや大人が良い意味で使われる場合と悪い意味で使われる場合がある。

こどもでも自分の意見が持つと大人っぽくなる。

フランスなどでも、そもそも大人もこどもも区別せず接する。

小さいときからベッドは別にする。

大人でも老若男女垣根なくコミュニケーションがとれたり、自分の固定観念に縛られずに柔軟に発想ができアイデアを取り入れることが出来る人はこどもの良さを備えている

 

・その人の所属する社会環境やコミュニティに左右される

例えば、師匠の前や恋人の前ではこどもっぽくなったり、後輩を持つと大人っぽく振る舞ったり。

大人とこどもを行ったり来たりするのが大事なのではないか。

 

・自分たちは果たして大人なのか?

・何が自立なのか?

 

・演技としての大人、こども

こどもで居させてもらえたのは、周りが大人だったから

 

・私らしさとは

・こどもの人権

・大人が作った学校に通わせることで、こどもの視野が狭くなっている

いろんな生き方があるはず

 

プーチンは大人なのか

 

 

 

などなどと、このあたりで時間切れとなりました。

特にまとめのようなものはありません。

モヤモヤがあれば、おのおの持ち帰っていただいて、

考えることを続けてみてください。

また何かの機会に思いついたことがありましたら、教えてください。

ご参加ありがとうございました。次回は19日を予定しています。