対話と人と読書|別府フリースクールうかりゆハウス

別府市鉄輪でフリースクールを運営しています。また「こども哲学の時間」など

【開催報告】第九十六回 別府鉄輪朝読書ノ会 5.26

 

 

 

だったら、殺すために孕もうとする障害者がいてもいいんじゃない?

 

『ハンチバック』市川沙央

 

 

 

 

 

 

 

五月の別府鉄輪朝読書ノ会を開催しました。

今回とりあげた作品は市川沙央さん『ハンチバック』でした。

 

様々なテーマが内包されていて議論の尽きない回で、これからという時に終わった感じでしたが、みなさん終了時には充実した感じで帰られて良かったです。

 

少し会で話し合った内容をまとめると。

通俗的な小ネタの充実

・怨念や呪いのようでもあり、ユーモアさもある

・性や生殖についてのこじらせがテーマではないか

・主人公が中絶したいという思いをどう受け止めれば(どう解釈)いいのか

・結末をどう解釈したか

・バリアを作っている書物。バリア合戦、バリアの可視化の企て

・怒りではなく、問題提起をしている

・田中さんだけが一線を越えて、こちらに来た

・中絶こそが釈華にとって人間になれるチャンスと捉えている

・(健常者?)がしていることを釈華さんもしたい

・作品のなかで遊んでいる

・経験しているから優位なわけではない。小説がそう

 

 

こうやって対話された内容をまとめていて、ふと思ったのは、この小説は破壊的な面もあるけど、最終的に自身(作者も主人公も)を肯定するために書かれた。何もできない、経験ができずに生涯を終えても、そこに書くことでの創造、飛翔があれば、欠落感に苛むこともない、ここに書くことと生きることが同じであるという道筋が開かれる、だからラストは単なる幻想ではない力を持ちうると考えました。

 

 

 

この日のむすびのさん特製メニューのテーマは〈規格外〉、規格に収まらないことを肯定的に捉えて、スープには規格外に小さいタマネギに規格外に大きいじゃがいも、ホイル焼きには、規格外に大きいアスパラ、トマト、パプリカ、そして大きすぎて市場に出回りにくいヤガラで、どれもたいへん味わい深く美味しかったです。ありがとうございました!

 

 

ご参加ありがとうございました。市川沙央さんは新作も書かれたようで読んでみたいです。

 

来月は朝井リョウさんの『何者』(新潮文庫)を読んでいきます。

お楽しみに。

 

 

自分の人生をどう生きたいかが民主主義



 

勉強をしていなかったA君は隣の席の子の鉛筆がなぜ短いのか理解できなかったが、自分が勉強するようになって鉛筆が減るのを知ってなるほどと思ったという話をしてくれた。
 
この前の哲学フェの参加者の声を本人の了解いただいて載せる。
 
 
 
自分は共感を大事にしてきたけれど、人と違うこと、わかり合えないことも、なんかいいものなのかも?と思いました。対話って開かれているものですね。
 
 
 
わからない他者、わかりえない得ない他者の苦痛に対話は触れることも。
 
 
Happy Educationさん主催のデンマーク教育視察報告会で、民主主義のもっとも成熟したデンマークの市民に民主主義とはと聞いたら、「自分の人生をどう生きたいかが民主主義だ」という返答があって、私はいたく感動した。
 
 
 
坐禅は鼻呼吸を徹底する。徹底していたら、自分は実は鼻炎なのではないのかと気付いたり、実は不眠だったり、ストレス高にいると気付いたりした。それくらい人は(私は)ドンカンに生きている。
 
 
 
出版できなくてもエッセイでも原稿を書いてみようと思った。小さいけれど遺さないといけないものがある。
 
 
インターナショナルスクールに通う生徒がやたらと斜線やチェックマークを引きたがるのを不思議に思っていたが、日本では正解に丸印をするところ、その学校(アメリカ)では正解には斜線、チェックマークをすることを知った。日本では逆だよね。
 
 

【開催案内】内省的哲学対話 6.8

 

 

◆「内省的哲学対話 6.8」
哲学とは「自分自身を知り、自分自身になる」ための道標でもあると思います。内省的哲学対話とは、少人数で他者との対話を通して、「自分」を見出したり、とらわれや固定観念に気付いていく試みです。
 
今回のテーマは「価値、観」。価値観の違いとは言いますが、自分や他者の価値観を掘り下げていくと、新しい風景が見えてくるかもしれません。哲学の知識はいりません。カードを使いながら進めていくので難しい会ではないです。ご興味ある方はどうぞ♪
 
前回参加者のご感想

内省的哲学対話の参加者からのご感想 - 対話と人と読書|別府フリースクールうかりゆハウス



こんな方におすすめ。
・「自分」のことを聴いてみたい
・他者と「自分」を題材に深く語り合ってみたい
・「自分」に停滞感がある。刷新したい
・「自分」の背中を押して一歩を踏み出したい
などなど
 

○テーマ:「価値、観」
○日 時:2024年6月8日(土)14:00-17:00
○会 場:別府市鉄輪
ファシリテーター:しみず
○参加費:2,500円
○定 員:4名程度(要事前申し込み、先着順)
○備 考:6/6(木)までにホームページからお申込みください。
 
 
 

【開催報告】大分大学 労働法ゼミでの哲学対話 5.14

 

 

以前より親しくさせていただいていました大分大学の小山先生にお招きいただき、

大分大学の労働法のゼミで学生さんと哲学対話をさせていただきました。

 

テーマは事前に学生さんの間で問い出しして決めていただいたスマホは私たちの世界に必要か?」でした。
 
最初は緊張もあったかと思いますが、問いを重ねていく内にそれぞれの考えが深まって、お互いの考え方の違いや共感できるところなど、個性が表現されていきました。携帯がない時代は待ち合わせても出会えないこともあって、駅の伝言板にコメントを残して帰ったとかラブレターをポストに投函したなど昭和生まれの話をしたら、驚愕とといいなあの声さえ聞けました!
 
スマホは私たちの世界に必要か?から、みんな同じがいい生き方が前提にあるのではないのかという隠された根拠を見出したり、便利な世界への懐疑が生まれたのは対話の功績だと感じました。もっとしたかったですが、もしかしてあんなに一つのことについて考え、聴き、話した体験はみなさん初めてだったかもしれません。とても新鮮で楽しかったです。
 
立ちどまる、そもそもを考える、答えのない問いをもって生きる、あたりまえを疑っていく、新しい現実をつくっていく、自分の人生をどう生きたいのか、などなど哲学についても語り尽きませんでした。
 
また対話の場でお会いしましょう。小山先生もみなさんもありがとうございました。

 

問いに対しての問いを考えていただいた



ステキなフィロソフィーネームたち



 

内省的哲学対話の参加者からのご感想

 

 





 
先日開催した内省的哲学対話の感想をAさんよりいただきましたので、
本人の許可を得て、ここに掲載します。ありがとうございました。
 
***
 
こんばんは!
 
先日の会おつかれさまでした。
 
思わぬ自分を発見したり、いろんな気づきを得たので
自分なりのまとめをシェアしたいと思いました。
 
まず、全体を通して「なぜわたしは闇を強調しているのだろう」という素朴な疑問がわいて(笑
ポジティブな自分を見て見ぬふりしていたことに気づきました。
 
健康でチャレンジしたり、癒しの表現をする自分も居るので、陰にも陽にも偏らずに
自然体で居ようと客観視できたことが自分の大きな収穫でした。
 
それと、質問されたことで知ったあらたな自分が居て
「あ、私自分の事好きなんだ。」
「えー!自分の人生楽しんでるんだ。知らなかった」
という発見がありました。
 
これはとてもうれしいことでした。
 
自分が自分と居て楽しいと思えるように生きようと思っていたのですが
すでに楽しかったんだと思ったら
深い部分で自分の事を肯定できました。
 
振り返りながら気づいたんですが
他の参加者さんも自分の一部に思えて
 
実際とは関係ない私の妄想の単なるイメージでしかないですが
 
その私の勝手なイメージの単語が
どれも自分の中にあるなあということ
 
また、過去の自分、今の自分、これからの自分にも思えて
 
最近闇ばかりに目を向けていた私に
他の面もあるよってきづかせてもらうような
 
そんな時間に思えました。
 
あの質問カードいいですね!
これからも自分に問いかけていきたいなと思いました。
質問されて、「可能性」がいつも私を前に進めてくれていたことに気づいたり
そういうのって、あらためて聞かれないと自覚できないことだから
すごい発見になりました。
 
 
自分がどう答えるのか、
どういう反応をするのか
ということに意識と興味が向いていたので
 
「自分について」というテーマを
有意義に楽しめたのかなと思いました。
 
他者に印象を聞くのがこわかった自分に
どうしてこわかったんだろうと問うてみたり
 
他者がいることでより深く自分と会話できた感じです。
 
これからはもっと単純な楽しいこと、ばかみたいに笑うこと、
の時間を増やしてもいいなあとか
 
自分は日々変わるものという前提があるということにも
気づきました。
(変わらない何かもありながら)
 
 
そんな感じで、いろんな気づきを得ました(=^・^=)

【開催報告】哲学カフェ大分 5.18

 

 

自己が多声的であった思いを、自分の声としてある意味で専有していくのは対話の過程の中である。

 

『人は語り続けるとき、考えていない』河野哲也

 

 

 

 

 

五月の哲学カフェ大分を開催しました。

今回はいつも私がテーマ決めをしているので、みなさんから問いを集めて、

メインとなるものを一つに絞って、哲学対話しました。

 

みなさんの考えてみたい問いは以下のものでした。

 

 

・なぜ哲学カフェに自由を感じるのか?

・なんのために生きているのか?

・人はなぜ問うのか?

・耐えるに値する困難とそうでない困難の違いは?

・神様はいるのか?またはいると思った方がいいのか?

・思考のなかにおける対話の空いてとは?

・役割があった方が人は生きやすいのか?

・人の強さ弱さって、何だろう?

 

 

どれも深めてみたい問いばかりでしたが、一応主軸となる問いを決めたかったので、

投票したところ、

 

Q 人はなぜ問うのか?

 

というメタ的に問いを問う問いが選ばれました。

 

自分の思いや思考を問いの形にするのが苦手な方がいるのですが、

問いは他者との通路になるので、哲学対話はそこが肝心要で、

ひとつのトレーニングだと思って、問いの形をつくってほしいと思います。

そこで文と人がリンクすると思います。

そこが一人でする対話、思索とは大きく違うところです。

 

 

 

(私は最近、対話中にメモを一切とらなくなって、それはつまり哲学対話というのをロジカルなもの左脳的な活動であると建前では思いつつも、言い淀む言葉やためらい、行き交う声の響きに豊かさを感じることが多く、対話を右脳的なもの、感覚・感情として捉えたいという欲求があるからです。ということで何が語れたかはこのホワイトボードを見返すしか在りません)

 

問いに問いが重なる

問いが怖い、深まるのが怖い

公に問えない問いもある

私的な問い、私の母への問いとか

また問う場や相手を選ぶこともある

問いに蓋がされる

なぜ問えないのか

問いを禁じられている

問いが奪われている

「わからない」が言いにくい社会

バラバラであることを認めることで逆説的につながる

 

選ばれなかった問いが置き去りにされるというわけではなく、自身の関心に紐付けられながら、問いが重層的に往還されていったのが味わい深かったです。

 

 

 

 

 

ご参加ありがとうございました。

また対話の場でお会いしましょう。

わたしの好きな鷲田さんの言葉をのっけます。

 

(帰りに街の角っこの小さなスペースに座り処ができていて、これぞ余白!と思いました)

 

 

 

【開催報告】内省的哲学対話 5.11

 

 

 

……人生とは、あるいは生活史とは、要するにそれはそのつどの行為選択の連鎖である。そのつどその場所で私たちは、なんとかしてより良く生きようと、懸命になって選択を続ける。ひとつの行為は次の行為を生み、ひとつの選択は次の選択に結びついていく。こうしてひとつの、必然としか言いようのない、「人生」というものが連なっていくのだ。

 

『東京の生活史』岸政彦

 

 

 

 

 

内省的哲学対話を開催しました。

今回もテーマを「自分」として、少人数で語り考え聞き合いました。

 

自分と他者、私とあなた、他者と私、あなたと自分が言葉を介して、

同じ場所で、ときに外の風景と混ざり合いながら、対話空間を形成する。

想像し、創造していく過程に驚かされながら。

 

 

どの語りも印象深いものでしたが、特にAさんの沖縄に2年間住んでそこから離れたとき

の話が彗星の尾のような透明な輝きを放っていつまでも残像を結び続けました。

毎日毎日窓から見える沖縄の海の美しさを眺め感嘆し続けていたら、

自分の語りが準備された。

波(自然)によって内面が整えられていたというのはとても興味深い。

女性性ということもあるのかもしれない。

 

 

自然と対話というのを少しでも結びつけたくて、私もこの内省的哲学対話では、

外を散策する時間を持つようにしている。

 

 

他者の語りというのものが、自分の語りの一部になるというのだろうか、

聞くこと、語ることの力を改めて思った。

 

 

Mさんが私のファシリテーションを評して、

しっかり聴いて深掘りしていくところと、曖昧にして宙吊りにして余白をもたせる

ところの両面がある人は他にいないと言ってくれたのが嬉しかったです。

 

対話はつづく。