対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3-5

 

 

名前のない海岸と名前のある私たち。

 

岸辺のない海に辿りつく

 

 

 

目的を失うと、すべてまわりの責任にする。「環境が悪い」「日本の文化度が低い」「社会が悪い」「マーケットが悪い」…そして、戦略を巡らし、外堀から埋めようとする。これではいつまでたっても自分の「質」と向き合えず、一流のアーティストとして生きられない。

 

アーティストとして生きること 宮島達男

 

 

 

最終スポットへ行く前に、寄り道をした。 

気まぐれに名前のない海岸へ立ち寄った。

(後で調べたら向田海水浴場という名前だったけど)

 

 

マジックアワーの前に展がる茫漠たる空と海。

いまの時期はいつまでも日が落ちない。

渚の音は心地よく遠くに聞こえ、潮は入江のかたちにそって抗うことなく、

ゆるやかに向きを変え蛇行していた。

 

予定にない無為でゆたかな時間を過ごした。

この海辺の前では自分が何者であるかは必要ない。

 

近くに〈海辺と珈琲ことり〉という名前の喫茶店があった。

この素通りされるような、ちいさな場所を愛しているに違いない。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210507223015j:plain

f:id:kannawadokusho:20210507223103j:plainf:id:kannawadokusho:20210507223236j:plain

f:id:kannawadokusho:20210507223150j:plain

 

 

 

次は最後のスポットへ、つづく。