読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分・別府鉄輪朝読書ノ会

大分県別府市鉄輪にて毎月開催しています課題図書形式の読書会です。

課題図書の紹介:夏目漱石『こころ』

f:id:kannawadokusho:20160328103959j:plain

 

第一回目の別府鉄輪朝読書ノ会はすでに満員御礼ですが、

とりあげる課題本の紹介をしたいと思います。

 

夏目漱石『こころ』。

夏目漱石は1916年に49歳で亡くなっています。

今年で没後100年ですね。

処女作の『吾輩は猫である』が1905年の発表ですから、

あれら傑作群をわずか10年ほどで書いていたことになります。

『こころ』は亡くなる2年ほど前に朝日新聞に連載されました。

wikipediaによると日本でもっとも売り上げをあげた本のようです。

学校の教科書で一部読まれた方も多いと思います。

今回、読書会のために10数年ぶりに再読したところ、

その陰鬱さに圧倒されましたが、語りたいことがたくさんあり、

読書会当日がほんとうに楽しみです。

写真は岩波書店から出ています祖父江慎さんがデザインされた『心』です。

若干値段はしますが、読みやすさや旧仮名遣い、

触り心地の良い紙の質感など、たいへん気に入っています。

僕は当日、この本を持参する予定です。

 

シミズ

ホーム - 別府鉄輪朝読書ノ会