対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

旅と本と余りの風 1〜「モラトリアム」変

 

 

 

違う土地の風を浴びたくておとなり熊本へ。

復旧した九州横断特急で竹田、阿蘇を通って熊本へ。

別府から片道約3時間、約5,000円で脳の風景を洗う。

 

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210413195204j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413195757j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413195848j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413195948j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200132j:plain

 

熊本は駅周辺ががらんとしているのが面白い。

 

はじめに河原町繊維問屋街にある「モラトリアム」というお店を訪れた。

ディープな友人のO氏に熊本でディープなところはないの?と聞いて

教えてもらったお店だった。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210413200239j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200440j:plainf:id:kannawadokusho:20210413200513j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200510j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200521j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200624j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413202411j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413202549j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413202713j:plain
f:id:kannawadokusho:20210413200728j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413200922j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201021j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201151j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201300j:plain

 

だいたい繊維問屋街自体がディープな町のかおり。

ふとソウルの路地裏を思い出したりもした。

そしてお目当てのお店「モラトリアム」。

すぐれて香ばしかった。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210413201424j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201524j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201601j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201553j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201614j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413201541j:plain

f:id:kannawadokusho:20210413213525j:plain

 

 

混沌ではあるが無秩序というわけではなく、

心地の良い混乱を脳に与えてくれる。

 

かきわけかきわけの宝探し。

幾つかの戦利品。

散財す。

 

 

 

f:id:kannawadokusho:20210413201752j:plain

飯が不味くなる茶碗

f:id:kannawadokusho:20210413201844j:plain

革命の灯はここまで届いている

f:id:kannawadokusho:20210413201852j:plain

おれのMacBookAirに貼ろうか

f:id:kannawadokusho:20210413201905j:plain

皿のない河童

 

 

物のもつ力

は制作者のそもそもの意向とは別の處で嗜好が生まれたりするところに

ある真面目とか不真面目とか関係なくどれも必死に物となりえ

た残酷さとユーモアが凝固して市場で命懸けの飛躍をして

いる買われた物たちはまた違う場所でだれかの視線をあびるのを待つ