対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】第壱回 本読みに与ふる時間

 

 

f:id:kannawadokusho:20210319221048j:plain

闖入者

 

 

休日の朝に、オンラインで参加者とそれぞれ好きな本を読む時間を共有する

という企画を試みてみました。

 

参加者は8名。いずれも私以外は全員女性の参加者でした。

(やはり文化の担い手は女性なのだろうか?と考えたりもした。

新しいもの、面白そうだというアンテナ、そういうものに参加していく感性など)

 

***

外はしとやかにそぼ降る雨の日曜日。

20分間だけ時間をとって、みんなでしずかに読書しました。

(この短さがよい)

 

たったこれだけの営みなのですが、

私にはとても優しい時間が流れて、

終わった後も満ち足りた思いで清々しかったです。

朝が気持ち良ければ、その日一日も良き休日となることが約束されたような

もの。

また普段一人で読むのとは倍の集中力で読めるので、

難しい哲学書などもってこいかなと感じました。

読書は独りの営みなのに、ゆるくつながっている感じが不思議でした。

オンラインのまた別の可能性を発見しましたね。

贈与とか時間が最近自分のテーマとしてあったので、

いろいろ今後の展開につながりそうです。

 

ご参加ありがとうございました。

また次回も機を見て開催したいと思います。

 

ちなみに参加者の読まれた本は以下の通りです。

 

『モモ』ミヒャエル・エンデ

『最後の親鸞吉本隆明

村上海賊の娘』和田竜

『沈黙』遠藤周作

『普通の人々』谷川修太郎(雨の日曜日なので)

『コケの自然誌』ロビン・ウォール・キマラー

『数学の贈り物』森田真生

『JR上野駅公園口』柳美里

 

 

f:id:kannawadokusho:20210321171230j:plain

本読みに与ふる時間 開催風景

 

 

 

 

 

個人的には「コケの自然誌」が気になる。