対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

相手がこういった、ということに囚われるのではなく、言えなかったことにも思いをはせてみよう。

 

哲学カフェについて書いているのかと思いました。 肝に銘じたいところ。

 

 

若い人たちは、最近の世の中の動きを見て、何が正しいのかを知りたいと感じているかもしれない。でも、まず私たちが考えなくてはならないのは、何が「正しい」ではなく、「正しい」とは何かだ。こんなことを考えるのは面倒かもしれない。でも、この「面倒な」ことを避けてきたの結果が今にちなんだ。

 

簡単に判断するのではなく、考え続ける力を身につけよう。そして、人間は真剣に何かを語るときはいつも、目に見え、耳に聴こえる言葉では、語り得ない何かを胸に秘めていることを忘れずにいよう。相手がこういった、ということに囚われるのではなく、言えなかったことにも思いをはせてみよう。

 

世の中は君たちにある「判断」を求めてくるだろう。でも、ぼくらは「考え続ける」「対話し続ける」ことで、そうした強制に抗うことができる。反対の意見を述べることも大事だ。「考える人間」、「考え続けられる人間」であることはもっと大切だ。そして「語る人」よりも「聴ける」人になってください。

 

若松英輔 twitter より