対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催報告】第参回 本読みに与ふる時間 4.18

 

 

f:id:kannawadokusho:20210418174022j:plain

僕は飛騨高山に住んでいた頃、農的生活をしていた。

今は空き農地を探し中で、半農的生活を模索している。



 

 

日曜日の朝。

「本読みに与ふる時間」を開催しました。

この企画のために早起きしたという方も。

休日のソフトスタートに活用していただけると嬉しいです。

今日参加者のみなさまが読んだ本です。

 

 

『最後の親鸞吉本隆明ちくま学芸文庫

『モモ』ミヒャエル・エンデ岩波少年文庫

『回遊人吉村萬壱(徳間文庫)

『食べるとはどういうことか』藤原辰史(農山漁村文化協会

 

 

 

今後は半農的生活がしたいので、農文協の出版物がどれも気になりますね。

「住む。」とか「チルチンびと」とかの雑誌もここが出版しています。

 

ご参加ありがとうございました。

また機を見て開催したいと思います。

 

 

f:id:kannawadokusho:20210418170627j:plain