対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

朝のココルーム、北浜の近代建築、天神橋筋六丁目の力餅食堂

 

 

 

まちを出ること 

 

もしあなたが単なる旅行者として、

あるいは何かの研修やボランティアでやってきたのなら

まちを出ることは簡単です。

近くの複数の最寄り駅があり、

高速バスや飛行機で遠方に帰るのも難しくありません。

 

でも、もしあなたがこのまちに流れ着いてしまったとしたら、

ここを出ていくのは少々やっかいかもしれません。

その場合 目安になるのは9年 だと言う人もいます。

滞在が10年を超えるとこのまちを出て行くことは

ほとんど不可能になります。

これは単なる経験則ですが同意する人も多くいます。

 

 

ココルーム制作「釜ヶ崎アーツガイドマップ」より

 

 

f:id:kannawadokusho:20191107171516j:plain

ココルームの朝粥定食はからだにやさしかった。

まったりした。

 

 

f:id:kannawadokusho:20191107171527j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171535j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171542j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171549j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171557j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171604j:plain

f:id:kannawadokusho:20191112184522j:plain

ココルームは快適な宿でした。大阪旅行におすすめです。

 

 

f:id:kannawadokusho:20191107171613j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171619j:plain

モーニングは酒。

 

f:id:kannawadokusho:20191107171628j:plain

北浜へぶらり。「きれいな」街に始終違和感を覚えながら近代建築をめぐる。

 

f:id:kannawadokusho:20191107171635j:plain

今月末の別府鉄輪朝読書ノ会は谷崎潤一郎の『春琴抄』を読むので、

そのゆかりの地、道修町へ足を運んだ。

道修町はくすりの街。製薬会社の本社がたくさんあるよう。

 

 

f:id:kannawadokusho:20191107171644j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171652j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171704j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171719j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171725j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171733j:plain

一度見たかった芝川ビル。

 

その後、天神橋六丁目へ

f:id:kannawadokusho:20191107171748j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107171759j:plain

Yさん念願の力餅食堂に。名物虎そば。

 

f:id:kannawadokusho:20191107171947j:plain

大阪のお店は、ネーミングがどれもすばらしかった。

そういうのをまとめた本はないかしら。

 

f:id:kannawadokusho:20191107171955j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107172003j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107172014j:plain

f:id:kannawadokusho:20191107172022j:plain

1時間近く並んで食べたたこ焼き。かりかりふわふわもちもち。

無限に食べられるよ。最後まで店名がわからなかったけど。

 

f:id:kannawadokusho:20191107172029j:plain

 

 

フェリーで帰る前に万博公園に向かい、太陽の塔を見ました。

 

kannawadokusho.hatenablog.jp