対話と人と読書|哲学カフェ大分

大分市で哲学カフェ大分を別府市で別府鉄輪朝読書ノ会を開催しています。

【開催案内】アートで哲学カフェ in 国東半島 5.3

f:id:kannawadokusho:20210427104126j:plain

国東の風景

 

 

こんにちは。ファシリテーターのシミズです。GWの予定は決まっていますか?今日は新しい企画〈アートで哲学カフェ〉のご案内をいたします。

通常の哲学カフェは室内にて開催されることが主だと思いますが、このコロナ渦のなか、室内にて対話するのが難しいということもあり、外に出て哲学対話することはできないだろうかと以前から模索していました。

 
今回目指す場所は国東半島。国東は芸術祭が行われたこともあり、現代アートと歴史的遺物がいろんな場所で交差している場所です。幾つかのポイントを巡り、哲学カフェ+ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(対話型鑑賞)という手法を用いながら、参加者のみなさんとアートを楽しみ、対話したいと考えています。

GWシーズンの一番良い季節に国東半島を歩き、アートに触れ、問い、考えてみませんか。哲学の知識は必要ありません。お気軽にご参加ください。


◎巡る場所は以下のサイトの幾つかの場所をメインで、しかも当日の思いつきで回ります。途中でお時間のない方は自由に解散されても構いません。
https://casabrutus.com/travel/178940/4
 

***
【当日の会の流れ】
①大分の空むさしに集合。受付。

②アート会場に向かい現地で鑑賞します。基本サイレント・ウォークです。

③鑑賞後、哲学カフェとヴィジュアル・シンキング・ストラテジーの手法を用い、1時間ほど対話していきます。

④別のアートポイントに向かい鑑賞します。以下②③を繰り返します。

⑤現地解散、終了です。
 



-----
○日 時:5月3日(月)13:30-18:30くらい  ※雨天決行・現地自由解散
○集合場所:大分空港傍の大分の空むさし(旧里の駅むさし)
〒873-0421 大分県国東市武蔵町糸原3550 ※お車がない方はご相談ください。
○企 画:ファシリテーター:シミズ「対話と人と読書」
○参加費:¥1,000円(お子様は無料)別途美術館入場料700円
○定 員:約15名程度(要事前申し込み、先着順)

 
参加希望者は以下のホームページよりお申し込みください。